ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各総裁からは積極発言が続いている。このところ良好な経済指標が相次いでいることや、大統領選挙という不透明要因があることから、金融政策の選択肢を拡大しておきたいとの思惑があると考えられる。

fomc201604

 2016年5月17日、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁とアトランタ連銀のロックハート総裁はワシントン市内において、次回6月のFOMC(連邦公開市場委員会)において、追加利上げがあり得るとの発言を行った。これに続いて、ニューヨーク連銀のダドリー総裁は19日、「6月か7月の利上げは妥当」と発言した。

 特にダドリー総裁はFOMCの副議長で、イエレン氏に近いといわれる人物。連銀幹部の相次ぐ利上げ容認発言から、一部の市場関係者は早期の利上げを織り込み始めた。市場全体としては、まだ利上げはないとの認識が強いが、潮目が変わった可能性は否定できない。

 このところ良好な経済指標が相次いでいることや、インフレが加速する兆候が出てきているなど、マクロ的な環境は好転している。これまで利上げに対してかなり慎重だったことを考えると、FRB内部の雰囲気が大きく変わったと見るのが自然だろう。

 要因として大きいのは米国の大統領選挙である。共和党のトランプ候補と民主党のクリントン候補の対戦になることはほぼ確実な情勢だが、トランプ氏は明確にドル安政策を打ち出しており、利上げには反対している。

 実際に大統領に就任した場合、一連の言動は大きく修正される可能性が高いが、少なくとも現時点では市場の攪乱要因となっていることは間違いない。FRBとしては、大統領選挙の結果、為替政策に大きな変化があった場合でも、金融政策の選択肢を確保しておきたいところだ。
 完璧な状況ではないものの、指標が良好なうちに利上げを実施しておき、その後の状況に備えたいと考えても不思議ではない。

 また、資源価格の下落が一段落していることや、中国の景気失速の影響もある程度見通しが立ってきたことから、世界経済に対する安心感が増していることも大きい。

 21日に仙台で開催された主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、財政出動は各国が判断すればよいという、平凡な結論に落ち着いた。
 大規模な財政出動を望んでいるのは、景気低迷に苦しむ日本だけとなり、G7で各国の協調財政を主導するというシナリオを描いていた日本は、完全にハシゴを外されてしまった。

 米国が利上げに動けば、とりあえず円安傾向となり日本にとっても悪い話ではない。ただ、米国にとっては、利上げシフトによって再びドル高が加速する状況は避けたいところである。もし本当に利上げするのだとすると、日本の追加緩和は望まないかもしれない。

 利上げが実施されるのかは、現時点では何ともいえないが、世界経済停滞、利上げ見送り、各国が協調した景気対策という、数ヶ月前に見えていた景色とはすっかり様変わりしたことだけは間違いない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …