ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各総裁からは積極発言が続いている。このところ良好な経済指標が相次いでいることや、大統領選挙という不透明要因があることから、金融政策の選択肢を拡大しておきたいとの思惑があると考えられる。

fomc201604

 2016年5月17日、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁とアトランタ連銀のロックハート総裁はワシントン市内において、次回6月のFOMC(連邦公開市場委員会)において、追加利上げがあり得るとの発言を行った。これに続いて、ニューヨーク連銀のダドリー総裁は19日、「6月か7月の利上げは妥当」と発言した。

 特にダドリー総裁はFOMCの副議長で、イエレン氏に近いといわれる人物。連銀幹部の相次ぐ利上げ容認発言から、一部の市場関係者は早期の利上げを織り込み始めた。市場全体としては、まだ利上げはないとの認識が強いが、潮目が変わった可能性は否定できない。

 このところ良好な経済指標が相次いでいることや、インフレが加速する兆候が出てきているなど、マクロ的な環境は好転している。これまで利上げに対してかなり慎重だったことを考えると、FRB内部の雰囲気が大きく変わったと見るのが自然だろう。

 要因として大きいのは米国の大統領選挙である。共和党のトランプ候補と民主党のクリントン候補の対戦になることはほぼ確実な情勢だが、トランプ氏は明確にドル安政策を打ち出しており、利上げには反対している。

 実際に大統領に就任した場合、一連の言動は大きく修正される可能性が高いが、少なくとも現時点では市場の攪乱要因となっていることは間違いない。FRBとしては、大統領選挙の結果、為替政策に大きな変化があった場合でも、金融政策の選択肢を確保しておきたいところだ。
 完璧な状況ではないものの、指標が良好なうちに利上げを実施しておき、その後の状況に備えたいと考えても不思議ではない。

 また、資源価格の下落が一段落していることや、中国の景気失速の影響もある程度見通しが立ってきたことから、世界経済に対する安心感が増していることも大きい。

 21日に仙台で開催された主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、財政出動は各国が判断すればよいという、平凡な結論に落ち着いた。
 大規模な財政出動を望んでいるのは、景気低迷に苦しむ日本だけとなり、G7で各国の協調財政を主導するというシナリオを描いていた日本は、完全にハシゴを外されてしまった。

 米国が利上げに動けば、とりあえず円安傾向となり日本にとっても悪い話ではない。ただ、米国にとっては、利上げシフトによって再びドル高が加速する状況は避けたいところである。もし本当に利上げするのだとすると、日本の追加緩和は望まないかもしれない。

 利上げが実施されるのかは、現時点では何ともいえないが、世界経済停滞、利上げ見送り、各国が協調した景気対策という、数ヶ月前に見えていた景色とはすっかり様変わりしたことだけは間違いない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …