ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各総裁からは積極発言が続いている。このところ良好な経済指標が相次いでいることや、大統領選挙という不透明要因があることから、金融政策の選択肢を拡大しておきたいとの思惑があると考えられる。

fomc201604

 2016年5月17日、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁とアトランタ連銀のロックハート総裁はワシントン市内において、次回6月のFOMC(連邦公開市場委員会)において、追加利上げがあり得るとの発言を行った。これに続いて、ニューヨーク連銀のダドリー総裁は19日、「6月か7月の利上げは妥当」と発言した。

 特にダドリー総裁はFOMCの副議長で、イエレン氏に近いといわれる人物。連銀幹部の相次ぐ利上げ容認発言から、一部の市場関係者は早期の利上げを織り込み始めた。市場全体としては、まだ利上げはないとの認識が強いが、潮目が変わった可能性は否定できない。

 このところ良好な経済指標が相次いでいることや、インフレが加速する兆候が出てきているなど、マクロ的な環境は好転している。これまで利上げに対してかなり慎重だったことを考えると、FRB内部の雰囲気が大きく変わったと見るのが自然だろう。

 要因として大きいのは米国の大統領選挙である。共和党のトランプ候補と民主党のクリントン候補の対戦になることはほぼ確実な情勢だが、トランプ氏は明確にドル安政策を打ち出しており、利上げには反対している。

 実際に大統領に就任した場合、一連の言動は大きく修正される可能性が高いが、少なくとも現時点では市場の攪乱要因となっていることは間違いない。FRBとしては、大統領選挙の結果、為替政策に大きな変化があった場合でも、金融政策の選択肢を確保しておきたいところだ。
 完璧な状況ではないものの、指標が良好なうちに利上げを実施しておき、その後の状況に備えたいと考えても不思議ではない。

 また、資源価格の下落が一段落していることや、中国の景気失速の影響もある程度見通しが立ってきたことから、世界経済に対する安心感が増していることも大きい。

 21日に仙台で開催された主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、財政出動は各国が判断すればよいという、平凡な結論に落ち着いた。
 大規模な財政出動を望んでいるのは、景気低迷に苦しむ日本だけとなり、G7で各国の協調財政を主導するというシナリオを描いていた日本は、完全にハシゴを外されてしまった。

 米国が利上げに動けば、とりあえず円安傾向となり日本にとっても悪い話ではない。ただ、米国にとっては、利上げシフトによって再びドル高が加速する状況は避けたいところである。もし本当に利上げするのだとすると、日本の追加緩和は望まないかもしれない。

 利上げが実施されるのかは、現時点では何ともいえないが、世界経済停滞、利上げ見送り、各国が協調した景気対策という、数ヶ月前に見えていた景色とはすっかり様変わりしたことだけは間違いない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …