ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるのは日本経済の低迷。ここ数年におけるGDP(国内総生産)成長の多くは政府支出によるものであり、民間主導で経済が拡大しているわけではない。
 多くの企業が政府の景気対策にすがっていることに加え、世論も官主導の景気対策を歓迎している現実を考えると、天下りは今後、さらに拡大していく可能性が高い。

amakudari

 政府は2016年5月24日、新関西国際空港会社と首都高速道路の社長に国交省OBが就任する人事を閣議了解した。関空トップが官僚OBに戻るのは13年ぶり、首都高は8年ぶりのことになる。

 天下りについては、癒着の温床になるとして批判が絶えず、法的にも再就職が規制の対象となっていた。2007年の法改正では、再就職の斡旋など、天下りに関わる行為が規制対象となったが、あまり機能していないというのが実態である。

 これまでは、国民からの批判が大きかったことから、主要ポストを外したり、迂回して天下りするなど、あまり目立たない形で継続してきたが、今回の人事は、かなりストレートなものであり、天下り慣行が以前の状況に戻りつつあることを示している。

 アベノミクスのスタート以後、日本経済は成長したといわれている。確かに数字上はそうなるが、成長分の多くは政府支出の拡大によるものであり、民間の経済が自立的に拡大しているわけではない。多くの企業が、政府の景気対策や補助金に頼っている状況であり、天下りが増えやすい環境にある。

 かつては、民間でできることは民間でというのが世論の流れだったが、最近では官主導の景気対策を望む声の方が大きい。天下りの増加は、社会が望んだ結果でもある。

 最近では、従来型の天下りに加えて、新しいスタイルの天下り手法も登場している。それは企業の社外取締役である。
 安倍政権はコーポレートガバナンス改革の一環として、企業に対して社外取締役制度の導入を強く求めている。社外取締役制度の導入そのものは企業の透明性確保にプラスの効果をもたらすが、この施策の本当の狙いが、天下り先の確保にあるということはあまり知られていない。

 社外取締役をどう選任するかは企業の自由であり、官庁が直接働きかけることはできない。だが、実質的には企業側が官庁の意向を忖度し、官僚OBを社外取締役として受け入れるケースが増えている。企業側が消極的だったにも関わらず、導入が一気に進んだことにはこうした背景がある。

 天下りの増加は、日本経済の機能不全が進み、官主導型経済にシフトしている現実を如実に示している。官主導型の経済で、イノベーションを活発化させ、持続的な成長を続けることは困難である。
 つまり多くの企業が目先のカネに頼っている状況であり、こうした環境から脱却できなければ、経済の縮小均衡化が進み、日本はさらに貧しくなってくるだろう。だが、これも国民が選択した結果ということなら、受け入れるしかないのかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

boeing777x
東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …