ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に墜落したとみられるX線天文衛星「ひとみ」について、バランスを欠く設計でリスクを過小評価していたとする報告書をまとめた。
 個別の技能がいくら優れていても、全体をバランス良く取りまとめる技術がなければ、その本領を発揮することはできない。ひとみの事故は、日本のもの作りが突き当たっている壁を象徴した出来事かもしれない。

hitomi201605

 ひとみは、310億円の費用をかけて開発され、X線観測を通じて、ブラックホールなど宇宙の構造解明に関する研究の進展が期待されていた。
 2月17日の打ち上げ後、機能確認や試験観測を行っていたが、3月26日に機体が予期しない回転を始め、衛星から電波が途絶えてしまったことで、状況を把握できなくなった。回転を止めることはできず、機体に大きな力がかかり、最終的には脆弱な部分を中心にバラバラに破壊されてしまったと考えられる。破壊後の機体は、地上に落下した可能性が高い。

 報告書によると、今回の事故は、いくつもの要因が重なって発生している。最初に発生したのは、姿勢制御系のデータ検出異常である。機体の姿勢制御系は、実際には衛星が回転していないにもかかわらず、回転していると誤検知。回転を防ぐための措置を行ったが、これによって現実に衛星が回転してしまった。

 想定外の状態にシステムが状況を正確に判定できず、これを抑制する機能も働かなかった。最終的にシステムは衛星が危険な状態にあると判断し、回転を止めるためスラスタ(超小型の推進装置)を動作させた。
 ところが、システムにあからじめ入力されていたデータに誤りがあり、本来噴射すべき方向とは逆方向にスラスタを噴射してしまい、衛星はさらに高速で回転する結果となった。

 ひとみは理論上、もっとも弱い部分では、4秒に1回の速さで回転すると破壊される可能性がある。NASA(米航空宇宙局)などの分析によると、ひとみはバラバラになっている可能性高いという。JAXAも同様の見解を持っており、機体の一部は地上に落下したとみている。

 もっとも大きな要因は、入力データのミスということになる。これは衛星の製造を請け負ったメーカーの担当者がプラスとマイナスを打ち間違った結果とされているが、問題はミスそのものではない。
 本来、こうしたシステムは人間のミスが一定確率で発生することを前提にする必要がある。だが、ひとみのプロジェクトでは、こうした人為ミスをチェックする仕組みになっておらず、問題が発生するまで、その事実に気が付かなかった。

 報告書では、設計段階において、観測性能を上げることばかりが優先され、安全性や信頼性に関する要求項目が少なかったことを認めている。その結果、全体としてバランスを欠く設計となり、そこに機器の異常や人為ミスが重なり、衛星が破壊されるという事態にまで進展した。

 個別の技能は優れているのに、システム全体としてよい物を作れないというのは、最近の日本の物作りに共通した現象である。今回の事故も、背景にはITを駆使したシステムの存在がある。時代の要請として、IT化は避けて通れないものであり、ITを使って全体をうまくコントロールする技術がないと、品質のよいものは作れない。
 職人芸的な技で、個々の部品レベルで質の高いものを作っていればよかった時代はすでに過去の話である。今回の事故は、日本のものづくりを再考するきっかけとすべきだろう。

 - 社会, IT・科学 ,

  関連記事

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …