ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に墜落したとみられるX線天文衛星「ひとみ」について、バランスを欠く設計でリスクを過小評価していたとする報告書をまとめた。
 個別の技能がいくら優れていても、全体をバランス良く取りまとめる技術がなければ、その本領を発揮することはできない。ひとみの事故は、日本のもの作りが突き当たっている壁を象徴した出来事かもしれない。

hitomi201605

 ひとみは、310億円の費用をかけて開発され、X線観測を通じて、ブラックホールなど宇宙の構造解明に関する研究の進展が期待されていた。
 2月17日の打ち上げ後、機能確認や試験観測を行っていたが、3月26日に機体が予期しない回転を始め、衛星から電波が途絶えてしまったことで、状況を把握できなくなった。回転を止めることはできず、機体に大きな力がかかり、最終的には脆弱な部分を中心にバラバラに破壊されてしまったと考えられる。破壊後の機体は、地上に落下した可能性が高い。

 報告書によると、今回の事故は、いくつもの要因が重なって発生している。最初に発生したのは、姿勢制御系のデータ検出異常である。機体の姿勢制御系は、実際には衛星が回転していないにもかかわらず、回転していると誤検知。回転を防ぐための措置を行ったが、これによって現実に衛星が回転してしまった。

 想定外の状態にシステムが状況を正確に判定できず、これを抑制する機能も働かなかった。最終的にシステムは衛星が危険な状態にあると判断し、回転を止めるためスラスタ(超小型の推進装置)を動作させた。
 ところが、システムにあからじめ入力されていたデータに誤りがあり、本来噴射すべき方向とは逆方向にスラスタを噴射してしまい、衛星はさらに高速で回転する結果となった。

 ひとみは理論上、もっとも弱い部分では、4秒に1回の速さで回転すると破壊される可能性がある。NASA(米航空宇宙局)などの分析によると、ひとみはバラバラになっている可能性高いという。JAXAも同様の見解を持っており、機体の一部は地上に落下したとみている。

 もっとも大きな要因は、入力データのミスということになる。これは衛星の製造を請け負ったメーカーの担当者がプラスとマイナスを打ち間違った結果とされているが、問題はミスそのものではない。
 本来、こうしたシステムは人間のミスが一定確率で発生することを前提にする必要がある。だが、ひとみのプロジェクトでは、こうした人為ミスをチェックする仕組みになっておらず、問題が発生するまで、その事実に気が付かなかった。

 報告書では、設計段階において、観測性能を上げることばかりが優先され、安全性や信頼性に関する要求項目が少なかったことを認めている。その結果、全体としてバランスを欠く設計となり、そこに機器の異常や人為ミスが重なり、衛星が破壊されるという事態にまで進展した。

 個別の技能は優れているのに、システム全体としてよい物を作れないというのは、最近の日本の物作りに共通した現象である。今回の事故も、背景にはITを駆使したシステムの存在がある。時代の要請として、IT化は避けて通れないものであり、ITを使って全体をうまくコントロールする技術がないと、品質のよいものは作れない。
 職人芸的な技で、個々の部品レベルで質の高いものを作っていればよかった時代はすでに過去の話である。今回の事故は、日本のものづくりを再考するきっかけとすべきだろう。

 - 社会, IT・科学 ,

  関連記事

bitcoin
米当局がビットコインを事実上公認。日本は巨額の富を失ったかもしれない

 米内国歳入庁(IRS)は2014年3月25日、仮想通貨ビットコインに関する税務 …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

oecdmanzokudo
OECDの幸福度ランキング2014。気持ちの問題なのか、物理的環境なのか?

 経済協力開発機構は2014年5月、世界幸福度ランキング2014を発表した。日本 …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …