ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に墜落したとみられるX線天文衛星「ひとみ」について、バランスを欠く設計でリスクを過小評価していたとする報告書をまとめた。
 個別の技能がいくら優れていても、全体をバランス良く取りまとめる技術がなければ、その本領を発揮することはできない。ひとみの事故は、日本のもの作りが突き当たっている壁を象徴した出来事かもしれない。

hitomi201605

 ひとみは、310億円の費用をかけて開発され、X線観測を通じて、ブラックホールなど宇宙の構造解明に関する研究の進展が期待されていた。
 2月17日の打ち上げ後、機能確認や試験観測を行っていたが、3月26日に機体が予期しない回転を始め、衛星から電波が途絶えてしまったことで、状況を把握できなくなった。回転を止めることはできず、機体に大きな力がかかり、最終的には脆弱な部分を中心にバラバラに破壊されてしまったと考えられる。破壊後の機体は、地上に落下した可能性が高い。

 報告書によると、今回の事故は、いくつもの要因が重なって発生している。最初に発生したのは、姿勢制御系のデータ検出異常である。機体の姿勢制御系は、実際には衛星が回転していないにもかかわらず、回転していると誤検知。回転を防ぐための措置を行ったが、これによって現実に衛星が回転してしまった。

 想定外の状態にシステムが状況を正確に判定できず、これを抑制する機能も働かなかった。最終的にシステムは衛星が危険な状態にあると判断し、回転を止めるためスラスタ(超小型の推進装置)を動作させた。
 ところが、システムにあからじめ入力されていたデータに誤りがあり、本来噴射すべき方向とは逆方向にスラスタを噴射してしまい、衛星はさらに高速で回転する結果となった。

 ひとみは理論上、もっとも弱い部分では、4秒に1回の速さで回転すると破壊される可能性がある。NASA(米航空宇宙局)などの分析によると、ひとみはバラバラになっている可能性高いという。JAXAも同様の見解を持っており、機体の一部は地上に落下したとみている。

 もっとも大きな要因は、入力データのミスということになる。これは衛星の製造を請け負ったメーカーの担当者がプラスとマイナスを打ち間違った結果とされているが、問題はミスそのものではない。
 本来、こうしたシステムは人間のミスが一定確率で発生することを前提にする必要がある。だが、ひとみのプロジェクトでは、こうした人為ミスをチェックする仕組みになっておらず、問題が発生するまで、その事実に気が付かなかった。

 報告書では、設計段階において、観測性能を上げることばかりが優先され、安全性や信頼性に関する要求項目が少なかったことを認めている。その結果、全体としてバランスを欠く設計となり、そこに機器の異常や人為ミスが重なり、衛星が破壊されるという事態にまで進展した。

 個別の技能は優れているのに、システム全体としてよい物を作れないというのは、最近の日本の物作りに共通した現象である。今回の事故も、背景にはITを駆使したシステムの存在がある。時代の要請として、IT化は避けて通れないものであり、ITを使って全体をうまくコントロールする技術がないと、品質のよいものは作れない。
 職人芸的な技で、個々の部品レベルで質の高いものを作っていればよかった時代はすでに過去の話である。今回の事故は、日本のものづくりを再考するきっかけとすべきだろう。

 - 社会, IT・科学 ,

  関連記事

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

konchushoku02
昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …