ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通貨」に近い存在として認め、政府の監督下で健全に育成するための法律が2016年5月25日、参議院本会議で可決成立した。ビットコインが世界的に普及しているという現状に、ようやく法律が追い付くことになる。

bitcoin

 ビットコインをめぐっては、2014年に国内の取引所である「マウントゴックス」が経営破たんしたことから、ビットコインをどう位置付けるのか国際的な議論となった。
 日本政府はいち早くビットコインは「通貨」ではなく「モノ」であるとの位置付けを明確にしてしまい、規制や保護の対象とはしなかった。このため日本では、ビットコイン取引所などは、消費者保護の対象となっておらず、安心して消費者が購入できる環境にはなっていなかった。また理論上、取引には消費税が課されるなど、仮想通貨の普及には逆風となっていた。

 一方、米国など主要各国は、ビットコインの将来性を考え、逆に通貨として認める方向制で法整備を進めてきた。一部の議員からグローバルな状況と逆行する日本の方向性を疑問視する声が出てきたことから、ようやく日本でもビットコインを通貨として認める方向で検討が始まり、今回の改正資金決済法の提出となった。

 法律では、仮想通貨の定義について、財産的な価値があり、物品やサービスの購入に使用したり、既存通貨との交換ができるもの、としている。これまでただのモノだったビットコインについて、ようやく通貨に近い存在であると認定した。

 その上で、仮想通貨を取り扱う事業者については、金融庁への登録を義務付ける。登録事業者は、財務状況や消費者保護のための措置が講じられているのかについて監査を受けることが求められ、政府は必要と判断した場合は、業務停止命令を出すこともできる。これまで一切の措置が講じられていなかったことを考えると大きな前進である。

 今回の法改正によって市場の拡大や利用者保護が進むことが期待されるが、タイミングとしては、やはり遅すぎた感は否めない。
 インターネットの分野は、ほとんどが米国主導で、日本はそれに追随するという図式が続いていたが、ビットコインの分野だけは、唯一、日本が主導権を発揮できそうな分野であった。だが、マウントゴックスの破たんによって、国内ではヒステリックな反応が目立つようになり、政府はいかがわしいものとして、これを放置してしまった。

 この間、諸外国は法整備を着々と進め、日本と諸外国の状況は逆転してしまっている。それでも日本はビットコインをめぐるビジネスが活発な地域であることには変わりはなく、今からでも挽回は可能である。今回の法改正をきっかけに、より積極的に法整備を進めていくことが重要だろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

kuroda
株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。 …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …