ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2017年にも就航する可能性が高まってきた。建造されている空母のスペックはそれほと高いものではないが、中国が国産空母を開発したという意味は大きい。
 さらに次の世代の空母が就航した場合、東シナ海や南シナ海におけるパワーバランスに大きな影響を与えることになるだろう。

chinasinkubo

 中国は2012年9月、同国初の空母「遼寧」を就航させた。「遼寧」はウクライナから購入した旧ソ連製の空母「ワリャーク」を大規模改修したもので、実戦配備よりも、空母運用のノウハウを蓄積する目的が大きいといわれている。

 中国は遼寧での運用ノウハウをベースに、初の国産空母の建設に乗り出す方針を表明していたが、今年の1月になって正式に国産空母の建造を表明している。

 当初、国産空母は「遼寧」よりも大型になるとみられていたが、実際に建造が進められている空母は、排水量6万トンから7万トンと、満載排水量が6万7500トンである遼寧とほぼ同クラスであることが明らかになっている。搭載できる艦載機の数は30機から40機程度になる可能性が高い。
 艦載機の発艦方式も、米国で主流のカタパルト方式ではなく、遼寧と同じスキージャンプ方式が採用されており、発艦性能が大きく向上するわけではない。

 現在、新空母はドックに入った状態で、主要部分の接合作業が行われており、艦の全体像が姿を現しつつある。新空母が実戦配備されるのは2019年~2020年といわれているが、遼寧と同程度という低いスペックを考えれば、すぐにパワーバランスが崩れるという状況ではないだろう。

 だが中国は、中古空母の改修、同クラスの国産空母の開発と、本格的な空母の配備に向けて着実にステップを踏んでいる。現在、中国はカタパルトの開発も平行して進めており、次の国産空母にはカタパルトが搭載される可能性が高い。

 今回の新空母がトラブルなく運用され、次の国産空母の開発がスタートする段階に入ると、地政学的なバランスの変化はいよいよ現実のものとなってくる。時期的には2025年頃が目安となるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

BBC
公務員根性丸出し!不祥事で引責辞任の英国営放送トップが退職金に異様な執着

 英国の国営放送であるBBCは10日、未成年者に対する性的暴行疑惑をめぐる誤報の …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …