ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2017年にも就航する可能性が高まってきた。建造されている空母のスペックはそれほと高いものではないが、中国が国産空母を開発したという意味は大きい。
 さらに次の世代の空母が就航した場合、東シナ海や南シナ海におけるパワーバランスに大きな影響を与えることになるだろう。

chinasinkubo

 中国は2012年9月、同国初の空母「遼寧」を就航させた。「遼寧」はウクライナから購入した旧ソ連製の空母「ワリャーク」を大規模改修したもので、実戦配備よりも、空母運用のノウハウを蓄積する目的が大きいといわれている。

 中国は遼寧での運用ノウハウをベースに、初の国産空母の建設に乗り出す方針を表明していたが、今年の1月になって正式に国産空母の建造を表明している。

 当初、国産空母は「遼寧」よりも大型になるとみられていたが、実際に建造が進められている空母は、排水量6万トンから7万トンと、満載排水量が6万7500トンである遼寧とほぼ同クラスであることが明らかになっている。搭載できる艦載機の数は30機から40機程度になる可能性が高い。
 艦載機の発艦方式も、米国で主流のカタパルト方式ではなく、遼寧と同じスキージャンプ方式が採用されており、発艦性能が大きく向上するわけではない。

 現在、新空母はドックに入った状態で、主要部分の接合作業が行われており、艦の全体像が姿を現しつつある。新空母が実戦配備されるのは2019年~2020年といわれているが、遼寧と同程度という低いスペックを考えれば、すぐにパワーバランスが崩れるという状況ではないだろう。

 だが中国は、中古空母の改修、同クラスの国産空母の開発と、本格的な空母の配備に向けて着実にステップを踏んでいる。現在、中国はカタパルトの開発も平行して進めており、次の国産空母にはカタパルトが搭載される可能性が高い。

 今回の新空母がトラブルなく運用され、次の国産空母の開発がスタートする段階に入ると、地政学的なバランスの変化はいよいよ現実のものとなってくる。時期的には2025年頃が目安となるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …