ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2017年にも就航する可能性が高まってきた。建造されている空母のスペックはそれほと高いものではないが、中国が国産空母を開発したという意味は大きい。
 さらに次の世代の空母が就航した場合、東シナ海や南シナ海におけるパワーバランスに大きな影響を与えることになるだろう。

chinasinkubo

 中国は2012年9月、同国初の空母「遼寧」を就航させた。「遼寧」はウクライナから購入した旧ソ連製の空母「ワリャーク」を大規模改修したもので、実戦配備よりも、空母運用のノウハウを蓄積する目的が大きいといわれている。

 中国は遼寧での運用ノウハウをベースに、初の国産空母の建設に乗り出す方針を表明していたが、今年の1月になって正式に国産空母の建造を表明している。

 当初、国産空母は「遼寧」よりも大型になるとみられていたが、実際に建造が進められている空母は、排水量6万トンから7万トンと、満載排水量が6万7500トンである遼寧とほぼ同クラスであることが明らかになっている。搭載できる艦載機の数は30機から40機程度になる可能性が高い。
 艦載機の発艦方式も、米国で主流のカタパルト方式ではなく、遼寧と同じスキージャンプ方式が採用されており、発艦性能が大きく向上するわけではない。

 現在、新空母はドックに入った状態で、主要部分の接合作業が行われており、艦の全体像が姿を現しつつある。新空母が実戦配備されるのは2019年~2020年といわれているが、遼寧と同程度という低いスペックを考えれば、すぐにパワーバランスが崩れるという状況ではないだろう。

 だが中国は、中古空母の改修、同クラスの国産空母の開発と、本格的な空母の配備に向けて着実にステップを踏んでいる。現在、中国はカタパルトの開発も平行して進めており、次の国産空母にはカタパルトが搭載される可能性が高い。

 今回の新空母がトラブルなく運用され、次の国産空母の開発がスタートする段階に入ると、地政学的なバランスの変化はいよいよ現実のものとなってくる。時期的には2025年頃が目安となるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …