ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表明する。本来であれば、市場に大きな影響を与えるイベントだが、株式市場の反応は鈍い。
 市場関係者の目が米国の利上げに集中していることに加え、アベノミクスに期待して日本市場に参入した外国人投資家の多くはすで撤退した可能性が高く、市場の攪乱要因が少なくなっているからである。

tosho002

 当初、2017年4月に予定されていた消費税の10%への増税は2年半延期され、2019年10月となる。安倍氏は、増税を再延期した場合でも、保育士や介護士の処遇改善などを明記した「1億総活躍プラン」は予定通り実施するとしている。また、そのための財源として赤字国債は発行しない方針を掲げている。

 短期的にはこうした措置が可能でも、長期的に見た場合、今回の増税延期は、財政再建の事実上の放棄と見なされる可能性が高い。長期的視点で日本株を買っていた外国人投資家の多くは日本市場から撤退していると言われているが、こうした事態を見越した動きと考えられる。

 長期的な投資家が日本を去った結果、短期筋だけで株価が上下に振られているのかというとそうでもない。市場の注目のほとんどは、米国の利上げに集中しており、6月のFOMC(連邦公開市場委員会)までは大きな動きを取りづらいからである。

 この結果、日経平均がピークから2割も下落した状態にあるにもかかわらず、日本の株式市場は思いのほか平穏な状態が続いている。
 今週末に発表される米国の雇用統計が良好だった場合、利上げの可能性はさらに高まることになり、円安が進む可能性が高くなる。大型の補正予算の話題が加わることで、株価にはプラスの材料となるだろう。

 だが米国は、大統領選挙の不透明性を嫌って利上げを急いでいるだけであり、利上げに伴う急激なドル高は望んでいない。円安の動きは限定的なものにならざるを得ないだろう。
 為替が大きく円安に振れない場合、来年以降の企業業績が伸び悩むことは確実である。業績拡大を期待した持続的な買いは入りづらいく、利上げを材料にした買いも長くは続かないだろう。

 日本株はしばらくの間、大きな動きがないまま、低調な値動きが続く可能性が高まっている。だが、これは日本市場で積極的に売り買いする投資家が消滅していることと表裏一体である。
 この状態で、次にネガティブなイベントがやってきた場合には、市場が総崩れになるリスクがある。アベノミクスのスタート以降、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は積極的に日本株を購入しており、すでに30兆円を越える日本株を保有している。
 GPIFが資産保全のため、株式を売りに出すような事態となれば、これを買い支える投資家は日本市場にはもはや存在しない。

 市場の転換点となるイベントが発生する可能性があるとすれば、やはり米国の大統領選挙ということになるだろう。今の市場が嵐の前の静けさでなければよいのだが。

 - 経済 , , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

sandberg201401
政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動 …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …