ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタが安価に出回り始めたことで「モノ作り」に革命が起きると期待されている。
 自宅で少量生産された製品をネットで販売するという、まったく新しい製造業が登場すると指摘したクリス・アンダーソン(『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルの提唱者)の新著『Makers』は発売前から大きな話題となり、このテーマに対する関心の高さをうかがわせた。

 だが新しい技術が登場すると、そこには当然、新しい問題も発生する。米国において3Dプリンタの普及で懸念されているのが、自宅で銃を製造できてしまうという問題である。

 銃のパーツに関する設計図があれば、それをパソコンに取り込み、理論的には3Dプリンタで部品を製造できてしまう。もっとも3Dプリンタは、薄く生成したプラスチック樹脂を塗り重ねて立体部品を作るの仕組みなので、金属の加工は無理だ。
 銃はよほど頑丈に作らないと破裂して自身が大怪我をする危険性があり、原則として主要部品は金属で作られる(一部強化プラスチックを使用するケースは出てきている)。理論的には3Dプリンタで銃を作ることは可能だが、十分な強度を得られるとは考えにくい。

 だが口径の小さい銃で、薬きょうに装填する火薬の量を半分程度に減らせば(ハーフロードと呼ぶ)、回数に限度はあるものの、実弾を発射できる可能性はある。
 実際、米国では、真偽の程は定かではないが、3Dプリンタで自作した22口径の銃で実弾200発を発射したとの報告もネットに出回っている。22口径という殺傷能力の低い銃ではあるが、実弾が発射できるとなるとそれが意味するところは大きい。米国では容易に銃が手に入るのであまりニーズはないかもしれないが、銃規制が厳しい国々の人にとっては魅力的に映る。
 米国では3Dプリンタで銃を作る設計図やノウハウを正式にネット上で共有しようというプロジェクトも立ち上がっており、資金も集まっている。普及は時間の問題かもしれない。

 おそらく米国では規制と自由をめぐって侃々諤々の議論が戦わされ、どこかの地点で社会的コンセンサスが得られると予想される。だが問題は日本である。日本はファイル交換ソフトWinnyを開発した金子勇氏が逮捕起訴された事例からも分かるように、包丁を使って人を殺傷した人ではなく、人を傷つけてもいないのに包丁を作った人が処罰される国家であり、民主主義と人権保護の原則が守られない。下手をすると3Dプリンタを作ったり売った人が逮捕されるという事態が生じかねないのである。

 そこまでいかなくても、処罰や社会的制裁を警戒して関係者が販売や情報共有を自粛する可能性がある。3Dプリンタによるモノ作り革命は、凋落した日本の製造業を復活させるカギになると一部からは期待されている。何でもかんでも「処罰する」という日本のうす暗い社会風潮が、また新しい産業を潰してしまい、日本の貧困化に拍車をかけることがないよう切に願いたい。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

kiki
樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木 …

asiana
アシアナ航空機の事故原因が徐々に明らかに。速度が足りず揚力を失い地面に激突

 米サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗し炎上した韓国アシアナ航空ボーイング7 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …