ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが、両分野の主要プレーヤーはすでに米国のIT企業主導で固まりつつあり、トヨタの出遅れ感は否めない。

toyotaroboto

 トヨタは2016年5月25日、配車アプリ大手の米ウーバーテクノロジーズと提携すると発表した。グループ会社などを通じてウーバーに出資し、ウーバーのドライバーにトヨタの車両をリースする。
 また同社は、米グーグルからロボット事業の中核子会社を買収する方向で交渉を進めている。買収するのは、ボストンダイナミックスとシャフトの2社。シャフトは東京大学発のベンチャー企業だったが、2013年に突然、グーグルに買収されたことで知られる。

 現在、自動車業界は過渡期を迎えている。IT企業主導で自動運転技術の開発が進むと同時に、ウーバーに代表されるようなシェアリング・エコノミー企業が急拡大する可能性が高まっている。
 これらのイノベーションが同時に進むことになると、1人1台クルマを保有する必要がなくなり、自動車産業の市場規模が大きく減少する可能性がある。こうした状況から、トヨタなど既存の自動車メーカーの対応が注目されていた。

 トヨタをはじめとする日本勢は、独自で自動運転車の開発を進めると同時に、世界で主流となりつつある電気自動車ではなく、燃料電池を使った次世代車両の開発にシフトするという方向性を明確にしつつあった。

 だが、今回の一連の対応は、トヨタが今後の方向性について、明確な構図を描けていないことを逆に知らしめる結果となってしまったかもしれない。

 ウーバーはすでに配車サービスとしては世界標準となっており、いまさらトヨタが出資したところで、トヨタがコントロールできる状況にはない。むしろ、リース料を買い叩かれ、ウーバーの下請け的な立場に甘んじてしまう可能性もある。

 グーグルからのロボット買収も何を目的にしているのか不鮮明である。ボストンダイナミックスは、2足歩行ロボットでは最先端を行く企業である。だが、米国防総省の支援を受けて開発を進めてきた経緯があり、ロボット兵士を製造する事を目的とした軍需企業であることは誰もが知る事実だ。

 グーグルがロボット事業の子会社を売却するのは、ロボット事業の責任者が退社したことが直接的原因といわれる。だが、その背後には、一連の開発を通じて、2足歩行ロボットには、軍事利用しか目立った需要がないことがはっきりしてきたという現実がある。

 当たり前のことだが、ロボットが人の格好をしている必然性は少ない。軍隊で2足歩行ロボットが重宝されるのは、車両や武器など、人が操作することを前提に作られた膨大な装備品をすべて取り替えることが非現実的だからである。
 だが民間用途の場合、基本的に新製品に人工知能が搭載される。介護やエンターテイメントなど、どうしても人の格好をしている必要のある製品にニーズは限られる。

 グーグルは自動運転サービスの準備を着々と進めており、米国で自動運転車が実用化されるのは時間の問題である。グーグルがサービスを開始する時には、電気自動車がベースとなり、ウーバーの配車サービスと連携されるのはほぼ確実である。トヨタはその後陣を拝する形にならざるを得ないだろう。
 今さらウーバーと提携したり、グーグルの2足歩行ロボットの技術を買収したところで、大きな効果は得られない可能性が高い。

 市場では、自動車メーカーの頂点に立つトヨタが、既存のIT企業とは異なる独自のアプローチを示してくれると期待する向きもあった。だが、一連の対応を見る限り、他の凡庸な日本企業と同様、方向性が定まらず、意思決定が遅いだけとの印象を市場に与えてしまった可能性がある。
 長期的な視点で考えた場合、トヨタの経営は大きな曲がり角に差し掛かっているのかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …