ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施しなかった。これまでの格付け会社の動きを考えると、大きな引き下げが実施されてもおかしくない。市場関係者の一部からは、格付け会社の不可解な動きに対して警戒する声が上がっている。

kokkaigijido02

 米S&Pグローバル・レーティングは2016年6月1日、日本の増税再延期は格付けに影響しないとの見解を示し、A+となっている現状の格付けを維持した。また米ムーディーズも、状況はネガティブだとしながらも、現状の格付けであるA1を維持した。

 これまで格付け会社各社は相次いで日本国債の格付けを引き下げてきた。両社による日本国債の格付け順位は上から5番目とかなり低く、すでに中クラスの評価にしかなっていない。これまでの格付け会社による評価ロジックを考えると、今回の増税延期は間違いなく、引き下げの対象となるところだ。

 日本政府は2020年までに基礎的財政収支を黒字化するという目標を掲げてきた。これまでは、達成は難しいものの、不可能ではないというレベルにとどまっていたが、今回の増税再延期よって状況は一変した。よほどのことがなければ、財政再建の目標達成はほぼ不可能になったとみてよいだろう。

 こうした状況であるにも関わらず、格付けが変わらなかったことについて、一部の市場関係者は深刻に受け止めている。その理由は、リーマンショック以降も格付け会社の体質がまったく変わっていないからである。

 リーマンショックをきっかけに、格付け会社に対しては、全世界から厳しい批判が寄せられてきた。リーマンショック直前、サブプライムローンなどが破綻するリスクが高まっていたにもかかわらず、格付け会社は、自社の営業活動を優先し、格付けを引き下げず、これが危機を大きくする要因の一つになったというのがその理由である。

 経済の調子がよい時は、いろいろとリスク要因を並べ立てるものの、本当に危機が迫っている時には役に立たないという格付け会社の体質は、リーマンショック後も基本的に変わっていない。というよりも、格付け会社というものは元来、そのような存在だと理解した上で利用すべきものである。
 つまり、本当に危機が迫っている時は、格付け会社の格付けが甘くなる傾向が強いのだ。

 もし、そのパターンが日本国債にもあてはまるのだとすると、今の状況はかなり深刻である。実際、今回の増税再延期は、日本の財政における大きな転換点となった可能性がある。

 しかし、格付け会社が市場への影響が大きいことを憂慮し、あえて格付けを動かさなかったのだとすると、背後では国債価格下落(金利上昇)へのカウントダウンが始まっていることになる。当分は、日銀が国債を買い続けるので、金利が上昇する心配はない。だが日銀の買い余力はいつかは消滅してしまう。国債の金利上昇はもはや時間の問題かもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …