ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

衝撃の米雇用統計。だが、もっとも影響が大きいのは米国ではなく日本経済

 

 米労働省は2016年6月3日、5月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農業部門の雇用者数は前月比3万8000人増となり、市場予想の3分の1にも満たない水準にとどまった。同日の株式市場は一時140ドル以上の下落となり、為替市場では一気に円高が進んだ。
 FRB(連邦準備制度理事会)は近く利上げがあることを示唆していたが、場合によっては利上げシナリオが大きく崩れる可能性が出てきた。だが、今回の雇用統計の影響をもっとも受けるのは米国ではなく日本ということになるかもしれない。

usakoyoutoukei201605

 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。2月は23万3000人と好調だったが、3月は18万6000人、4月は12万3000人と増加数が鈍化していた。
 この数字については、2通りの解釈がある。ひとつは、労働市場がタイトになっているため、企業は人を雇用しづらくなっているというもの。もう一つは、米国の景気回復局面がそろそろピークに達しているというものである。

 市場では、失業率が完全雇用に近い状況で推移し、賃金も上昇傾向がはっきりしていたことから、労働市場がタイトになっているという見方が主流となっていた。また、米国では大統領線を控えており、共和党のトランプ候補が利上げに強く反対していることから、FRB(連邦準備制度理事会)は今のうちに金利を上げられるだけ上げておきたいと考えている。つまり、各種経済指標が完璧でなくても、FRBには利上げを敢行するインセンティブが存在する。

 実際、イエレン議長も近く利上げがあることを示唆する発言を行っており、市場では、よほどのことがない限り、6月もしくは9月に利上げが実施されるとの認識となっていた。ところが、その、よほどのことが発生してしまった。

 新規雇用者の増加は5年8カ月ぶりの低水準で、下手をすると景気後退まで示唆される数字だった。もっとも、今回の結果は通信大手ベライゾンのストが大きく影響しているとされ、これがなければ3.5万人ほど数字が上振れする。だが、この数字を加えても大幅な減少であることに違いはなく、この結果はほとんどの市場関係者が予想していなかった。このため株式市場や為替市場では動揺が広がってしまったものと考えれる。

 今回の雇用統計で米国経済がリセッション入りしたとの見方も出ているが、その判断は早計だろう。雇用統計は比較的長い期間におけるトレンドを見る必要があり、そもそも市場の先行指標にはなりにくい。仮に米国の景気がピークを過ぎたとしても、それがはっきりするのはもう少し後になってからだろう。

 ただ、米国の今後の景気がどうあれ、先週の雇用統計が、日本経済にとって大きなマイナス要因であることは間違いない。日本は消費や投資が大幅に抑制されており、消費増税の先送りもほとんど効果がない状況となっている。唯一の頼りが米国の利上げによる円安だったが、それも難しくなってきた。

 米国のルー財務長官は、日本の為替介入を牽制する発言を何度も行っており、ドル安に対する警戒感が強い。日本は為替介入によって企業業績を押し上げるという選択肢をほぼ失いつつあり、大型の財政出動以外に手段がなくなっている。

 だが、この環境で大型の財政出動を行えば、日本の財政に対する懸念は確実に増大し、金利上昇リスクを高めるだけの結果に終わるだろう。もともと日本経済は順調に成長などしていなかったが、とうとうマイナス成長に転じるリスクに直面したという意味では、今回の雇用統計が日本経済に与える影響は極めて大きいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …