ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「ベーシックインカム」制度に関する国民投票がスイスで行われた。結果は否決だったが、フィンランドでも試験運用が実施されるなど関心が高まっている。
 タダでお金を支給するなど荒唐無稽にも思える政策だが、これから本格的なAI(人工知能)・ロボット時代が到来することを考えると、そうともいえなくなってくる。

okanekazoeru
 スイスでは2016年6月5日、ベーシックインカムの是非を問う国民投票が行われ、反対が70%で否決となった。スイスで提案された制度は、18歳以上の国民に対して毎月27万円、18歳未満には6万8000円を無条件で支給するというもの。

 スイスは世界でもっとも豊かな国の一つであり、1人あたりGDPは日本の2.5倍もあり、物価が高い。物価が2倍と仮定し、日本の現状にあてはめると、18歳以上は13.5万円、18歳未満は3万4000円といったところになるだろう。
 人口構成などを考慮に入れれば、全国民に10万円ずつ支給するというイメージを想像すればよい。家族3人の場合には30万円の収入になるので、それだけで生活することは不可能ではない。

 問題は財源だが、すべての社会保障を廃止し、極めて高い税率の消費税を導入すれば捻出できない金額ではない。ただ、今の社会保障制度に慣れきってしまった国民にとっては、選択しづらい政策であることには変わりないだろう。

 ただ反対意見として多く見られる労働意欲が削がれるという問題については、また別の視点が必要である。

 最近、経済学の分野ではシェアリング・エコノミーやAI・ロボットが台頭した後の社会に関する議論が活発になってきている。
 AIやロボットが普及すると、現存の仕事のうち最大で半分がロボットなどに置き換わるとの予測も出ている。またウーバーやAirbnbに代表されるようなシェアリング・エコノミーが拡大すると、社会全体で必要なリソースも大幅に少なくなる。つまり、同じ経済を維持するのに必要な人的・物的資産が大幅に減少する可能性があるのだ。

 今年3月に来日し、安倍首相と会談したジョセフ・スティグリッツ教授も、シェアリング・エコノミー下では、必要な設備投資額は縮小せざるを得ないとの見解を示している。

 近い将来、労働者の多くが、働きたくても仕事がなく、一方で、社会全体としては食べていけるだけの富を生み出せる状況が到来する可能性が出てきている。ロボットやAIが生み出す富を効率的に再配分する機能として、ベーシック・インカムは有力な選択肢となるかもしれない。

 このところ欧州を中心にベーシックインカムに関する試験的な導入が相次いでいる。フィンランドでは、一部の国民を対象に来年から試験導入が実施されるほか、オランダでも自治体レベルの試験が行われる。

 従来の価値観では、荒唐無稽な政策という印象が強いベーシック・インカムだが、シェアリング・エコノミーやAIの普及が急速に進んでいることを考えると必ずしもそうとはいえなくなってくる。
 少なくとも、労働に対する基本的な認識が180度変わる可能性は十分に考えておくべきであり、その延長線上として、ベーシックインカムについても、議論の対象から外すべきではないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

jenova
ジェノバの港でコンテナ船が管制塔に激突。50メートルの管制塔は完全崩壊

 イタリアのジェノバ港で5月7日、大型のコンテナ船が港の岸壁にある高さ50メート …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …