ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」(プライマリーディーラー)の資格を国に返上する方向で調整に入ったことが明らかとなった。
 プライマリーディーラー制度は、国債の消化を最優先することを目的に導入された制度で、このメンバーであることは一種の特権・利権となっている。メンバーの筆頭格であった同行が資格を返上するというのはただならぬ事態であり、市場には衝撃が走っている。

mof05

 プライマリーディーラーの資格を持つのは大手の証券会社とメガバンク各行。この資格を持つ金融機関は、国債の入札について財務省と情報交換できる一方、すべての入札で発行予定額の4%以上の応札が義務付けられている。
 分かりやすい言葉で言えば、確実に儲かることを保証する代わりに、国債の応札にノルマを課し、国債が消化できないという事態を回避するために作られた仕組みである。これは一種の談合といってよい。

 かつて国債の消化は、大蔵省(現財務省)を中心に参加者の合議で価格が決まる不透明なシンジケート団によって実施されていた。
 その後、市場メカニズムへの移行が進められたものの、実質的にはシンジケート方式が温存された。本来、債券ディーラーではないはずのメガバンク各行が、プライマリーディーラーの資格を保有していることからもこうした状況が推察できる。中でも三菱東京UFJ銀行の立場は特別で、事実上、国債の消化に責任を負う立場だった。

 財務省を中心とした特権クラブの頂点に立っていた同行が資格の返上を検討しているのは、日銀によるマイナス金利政策によって国債保有のメリットが低下しているからである。
 メガバンクは、銀行の収益を悪化させるマイナス金利政策に強く反対しており、このところ当局との対立が先鋭化していた。今回の離脱が、一連の対立と関係しているのかは不明だが、少なくとも市場は、三菱UFJが従来の護送船団から抜ける意思を明確に示したと解釈するだろう。

 同行がメンバーを抜けたことで、短期的に大きな影響が出るわけではない。だが、長期的に見た場合の影響は極めて大きい。
 過大な政府債務を抱えながら、日本国債の金利が低いままで推移しているのは、こうした特殊な入札方式によるところが大きく、この体制が崩れてしまった場合、国債価格を維持できる保証はなくなってしまう。

 安倍首相が消費増税の再延期を表明し、市場では日本国債の金利上昇リスクが強く意識された矢先のことだけにインパクトは大きい。日本の金利上昇リスクは今回の一件で間違いなく高まったといってよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …