ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全米小売業協会(NRF)の発表によると、22日から25日までの4日間の支出総額は591億ドル(約4兆8700億円)と、昨年の524億ドル から大幅に増加した。小売店やオンラインストアに訪れた買い物客の総数も昨年の2900万人から20%以上増加し3500万人強となった(写真は目玉商品を狙って開店前からKmartに並ぶ米国の消費者)。

 感謝祭休日の消費動向は、米国の年末商戦を占う重要な指標となる。米国はGDPの7割を個人消費が占める消費大国。小売店の販売動向は米国の経済政策を左右するほど重要な指標である。

 日本では中国向けの輸出に期待する話題が多いが、現実には日本企業の多くが北米市場に大きく依存している。米国の消費動向は日本にとって極めて重要なのである。

 米国では財政の崖に対する懸念から消費が停滞するリスクが指摘されていた。今回、個人消費の底堅さが明らかになったことで、米国経済がこのまま成長を維持できるのではないかという期待感が高まっている。
 リーマンショック後の信用収縮から米国ではクレジットカードの利用が後退している。感謝祭の買い物にカードを利用した客は16%と過去最低を記録したが、低いカード利用率でも消費が順調に伸びていることはマネーが健全に回っていることを示しており、関係者を安心させる材料となっている。

 もっともすべてを手放しで喜べる状態ではない。買い物客の人気を集めたのは大幅な値引き商品と高額商品と両極端。中間の製品があまり売れておらず、社会の2極分化を象徴する結果となった。また買い物客の平均支出は423ドル(約3万4800円)と昨年より増加したものの、その増加幅は売上げ全体の伸びよりも小さい。商品単価が下がっていることが見て取れる。またキャンペーン期間も例年より長くゲタが履かされている部分もある。
 この勢いが来年まで継続できるのかは、最終的な年末商戦の結果にかかっている。

 - 経済

  関連記事

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …