ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全米小売業協会(NRF)の発表によると、22日から25日までの4日間の支出総額は591億ドル(約4兆8700億円)と、昨年の524億ドル から大幅に増加した。小売店やオンラインストアに訪れた買い物客の総数も昨年の2900万人から20%以上増加し3500万人強となった(写真は目玉商品を狙って開店前からKmartに並ぶ米国の消費者)。

 感謝祭休日の消費動向は、米国の年末商戦を占う重要な指標となる。米国はGDPの7割を個人消費が占める消費大国。小売店の販売動向は米国の経済政策を左右するほど重要な指標である。

 日本では中国向けの輸出に期待する話題が多いが、現実には日本企業の多くが北米市場に大きく依存している。米国の消費動向は日本にとって極めて重要なのである。

 米国では財政の崖に対する懸念から消費が停滞するリスクが指摘されていた。今回、個人消費の底堅さが明らかになったことで、米国経済がこのまま成長を維持できるのではないかという期待感が高まっている。
 リーマンショック後の信用収縮から米国ではクレジットカードの利用が後退している。感謝祭の買い物にカードを利用した客は16%と過去最低を記録したが、低いカード利用率でも消費が順調に伸びていることはマネーが健全に回っていることを示しており、関係者を安心させる材料となっている。

 もっともすべてを手放しで喜べる状態ではない。買い物客の人気を集めたのは大幅な値引き商品と高額商品と両極端。中間の製品があまり売れておらず、社会の2極分化を象徴する結果となった。また買い物客の平均支出は423ドル(約3万4800円)と昨年より増加したものの、その増加幅は売上げ全体の伸びよりも小さい。商品単価が下がっていることが見て取れる。またキャンペーン期間も例年より長くゲタが履かされている部分もある。
 この勢いが来年まで継続できるのかは、最終的な年末商戦の結果にかかっている。

 - 経済

  関連記事

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …