ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の米リンクトインを買収すると発表した。買収金額は262億ドル(約2兆7800億円)と同社にとっては過去最大となる。

microsoftlinkedin

 買収は現金で行われ、マイクロソフトはリンクトインの株式を1株196ドルの現金で買い取る。リンクトインの10日の終値は131ドルなので、50%のプレミアを上乗せした形だ。同社のブランドやサービスは維持され、ジェフ・ウェイナー最高経営責任者(CEO)も続投する。

 今回の買収は、金額こそ大きいもののマイクロソフトにとっては手堅い買収となる可能性が高い。
 同社はパッケージ・ソフトの販売からクラウド型のビジネスへの転換を進めている。新規事業の基礎となる基本ソフトWindwos10への移行は順調に進んでおり、クラウド経由で業務ソフトを提供する「オフィス365」の利用者数は2200万人を超えた。このペースでクラウド化が進めば、数年以内に同社の収益構造は大きく入れ替わる可能性が高い。

 リンクトインは世界で4億人以上の会員を持ち、月間アクティブユーザーは1億5000万人に達する。しかも一般向けのSNSと異なり、利用者の多くは自らのプロフィールを登録したビジネスマンであり、顧客層の価値は高い。
 多くがマイクロソフトのユーザーもしくは潜在的なユーザーであることは間違いなく、確実な相乗効果を得ることができるはずだ。

 米国ではリンクトインを経由して、人を探したり紹介することは当たり前となっている。買収金額はかなり高いが、マイクロソフトの将来的な収益には確実に貢献するだろう。

 ただ、短いタームでマイクロソフトの株価にプラスになるのかというと、必ずしもそうとはいえない。同社は、事業構造の転換を進める一方、スマホ事業から撤退も同時並行で進めているからである。

 同社は2014年にノキアの携帯電話事業を買収したが、思うような成果を上げられず、2015年に76億ドルの減損処理と7800人の人員削減を行った。先月はスマホ事業の縮小に伴い、1850人の人員削減を発表している。

 リンクトインの業績も赤字が続いている。2016年1~3月期の売上高は前年同期比35%増の8億6000万ドルだったが、最終損益は4500万ドルの赤字となった。マイクロソフト全体からすれば、大した数字ではないが、収益の足を引っ張るのは事実である。

 マイクロソフトの株価は事業構造の転換が鮮明になった2015年以降、40ドル台から50ドル台に上昇しているが、その後、伸び悩んでいる。スマホ事業のリストラが完全に終了し、リンクトイン事業のプラス効果が数字で確認されるタイミングまで、株価のもたつきは続くかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

shougi
プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事 …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …