ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が高まっていることに加え、米FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを見送ったことで、ドル安が定着しやすくなっている。だが円高が進む理由はそれだけではない。日本の政策が手詰まり状態になっていることが大きく影響している。

nihonen 16日の為替市場では、円が一時、1ドル=103円台に突入した。その後、少し値を戻しているが、再度、安値を模索することも十分に考えられる。

 今のタイミングにおいて日本円はもっとも買いやすい通貨となっている。日銀の量的緩和策は完全に行き詰まっており、追加緩和の余地が小さいことは各国の投資家が理解している。つまり日本は緩和という手段で円安に持ち込むことができなくなっている。
 一方、米国は大統領選挙を控えており、基本的にドル高に対する警戒感が強い。仮に次のFOMC(連邦公開市場委員会)で追加利上げが実施されたとしても、極端なドル高にはならないだろう。

 米国は日本の為替介入に対して再三グギを刺す発言をしており、日本側は介入というオプションを行使できない状況にある。つまり日本円はいくらでも通貨高にすることができる唯一の通貨ということになる。
 こうした状況を見越して、ヘッジファンドを中心とする投機筋が円買いの攻撃をしかけていると考えるのが妥当だろう。

 日本の株式市場がもっとオープンで、各国の機関投資家による長期資金が入っていれば状況は違ったかもしれない。
 だが、長期的な機関投資家は構造改革が進まないことを嫌気して、日本の株式市場からはほとんど撤退してしまった。今、日本に残っている外国人投資家は、基本的に投機筋だけであり、彼等にとってボラティリティの上昇はむしろ好都合だ。

 こうした状況を抜本的に解決するためには、金融政策がより効果を発揮できるよう、日本経済の仕組みそのものを変えていく必要がある。基本的に構造改革とセットでなければ金融政策の効果が半減するというのは、共通認識なはずである。

 だが、改革には時間がかかることに加えて、日本の世論はそもそも改革を望んでいない。日本経済が抱える矛盾は解消されず、グローバルな投機資金のオモチャにされるという状況は、当分の間、続くことになるだろう。

 これは言い換えれば、金融政策だけで問題を解決しようという安易な発想が市場から見透かされているといってもよい。最近では、金融政策が効かなくなっていることから、財政を強化すべきという声が高まっている。

 そもそも金融政策を強化するという話になったのは、バブル崩壊後、長年にわたって続けた財政出動に効果がなかったからである。財政がダメだったら金融で、金融がダメだったら財政で、ということではあまりにも節操がない。こうした過去の経緯すら、考える余裕がなくなっているのだとすると、日本経済は本当に危機的な状況かもしれない。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

itoyokado
イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイト …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

mitsubishi201601
三菱重工に異変?大型客船の巨額損失に続いて、今度は国産ジェットで4度目の納入延期

 日本のもの作りを象徴する企業の一つである三菱重工で、相次いで異変が起こっている …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …