ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。

 日本とロシアは昨年の日露首脳会談の場において、今年中をメドに野田首相がロシアを訪問することで合意。首相官邸と外務省は野田首相が予定通りロシアを訪問することを前提に準備を進めていた。だが突然、解散を決定したことで、ロシア側との交渉が宙に浮いているという。

 また11月中の首相訪日を予定していたインドも、野田首相の解散ですべてフイになった。インド首相が日本側メディアと会見し、訪日の意欲を語っていた直後に日本側が解散を発表してしまったことから、インド側のメンツは丸つぶれになった格好だ。インド側は非公式に不快感を表明しているという。

 元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏によると、日本側の一方的な都合による日程変更にも関わらず、日本側からロシア側やインド側に電話でフォローするなどの措置は一切行われなかったという。佐藤氏は野田首相をはじめとする民主党幹部の外交センスのなさを批判しているが、むしろ驚くべきは外務省という役所の驚くべき怠慢である。

 今回の解散には不可解な点が多いことはさておき、解散は首相をはじめとする政治家にとっては一大事である。仮に野田首相らに外交センスがあったとしても、解散前後の混乱している最中に、とても各国への配慮を指示する余裕はないであろう。
 本来であれば、インドやロシアに対する電話会談などのセッティングを具申し、実務レベルで関係悪化を最小限に食い止めるのが現場の役目である。だが佐藤氏の主張が真実だとすると、外務官僚はそのような措置を一切していなかったことになる(具申したものの首相が拒否したのかどうかは不明。だがわざわざ拒否するとは考えにくい)。

 これは民間企業では到底考えられないことである。企業トップが社内の事情で、重要な提携相手との会談をキャンセルする事態となれば、関係部署や経営企画室などは、全力を挙げてフォローできる体制を構築すべく段取りをつけるだろう。だが公務員にはそのような意識はまったくないらしい。首相から指示されない限りは、各国との関係が悪化しようが我関せずということなのかもしれない。確かにそれで彼らの給料や年金が減らされるわけではない。公務員はここまで無責任になれるのである。

 日本では官僚組織に対する政治主導が、これではずっと議論されてきた。だが事態はもっと深刻であり、政治主導以前の問題なのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …