ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。

 日本とロシアは昨年の日露首脳会談の場において、今年中をメドに野田首相がロシアを訪問することで合意。首相官邸と外務省は野田首相が予定通りロシアを訪問することを前提に準備を進めていた。だが突然、解散を決定したことで、ロシア側との交渉が宙に浮いているという。

 また11月中の首相訪日を予定していたインドも、野田首相の解散ですべてフイになった。インド首相が日本側メディアと会見し、訪日の意欲を語っていた直後に日本側が解散を発表してしまったことから、インド側のメンツは丸つぶれになった格好だ。インド側は非公式に不快感を表明しているという。

 元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏によると、日本側の一方的な都合による日程変更にも関わらず、日本側からロシア側やインド側に電話でフォローするなどの措置は一切行われなかったという。佐藤氏は野田首相をはじめとする民主党幹部の外交センスのなさを批判しているが、むしろ驚くべきは外務省という役所の驚くべき怠慢である。

 今回の解散には不可解な点が多いことはさておき、解散は首相をはじめとする政治家にとっては一大事である。仮に野田首相らに外交センスがあったとしても、解散前後の混乱している最中に、とても各国への配慮を指示する余裕はないであろう。
 本来であれば、インドやロシアに対する電話会談などのセッティングを具申し、実務レベルで関係悪化を最小限に食い止めるのが現場の役目である。だが佐藤氏の主張が真実だとすると、外務官僚はそのような措置を一切していなかったことになる(具申したものの首相が拒否したのかどうかは不明。だがわざわざ拒否するとは考えにくい)。

 これは民間企業では到底考えられないことである。企業トップが社内の事情で、重要な提携相手との会談をキャンセルする事態となれば、関係部署や経営企画室などは、全力を挙げてフォローできる体制を構築すべく段取りをつけるだろう。だが公務員にはそのような意識はまったくないらしい。首相から指示されない限りは、各国との関係が悪化しようが我関せずということなのかもしれない。確かにそれで彼らの給料や年金が減らされるわけではない。公務員はここまで無責任になれるのである。

 日本では官僚組織に対する政治主導が、これではずっと議論されてきた。だが事態はもっと深刻であり、政治主導以前の問題なのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

senkaku
民主、自民、維新3党の領土問題へのスタンスを比較してみると?

 維新の会への太陽党の合流が決まり、いわゆる第三極勢力はある程度まとまった勢力と …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …