ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。

 日本とロシアは昨年の日露首脳会談の場において、今年中をメドに野田首相がロシアを訪問することで合意。首相官邸と外務省は野田首相が予定通りロシアを訪問することを前提に準備を進めていた。だが突然、解散を決定したことで、ロシア側との交渉が宙に浮いているという。

 また11月中の首相訪日を予定していたインドも、野田首相の解散ですべてフイになった。インド首相が日本側メディアと会見し、訪日の意欲を語っていた直後に日本側が解散を発表してしまったことから、インド側のメンツは丸つぶれになった格好だ。インド側は非公式に不快感を表明しているという。

 元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏によると、日本側の一方的な都合による日程変更にも関わらず、日本側からロシア側やインド側に電話でフォローするなどの措置は一切行われなかったという。佐藤氏は野田首相をはじめとする民主党幹部の外交センスのなさを批判しているが、むしろ驚くべきは外務省という役所の驚くべき怠慢である。

 今回の解散には不可解な点が多いことはさておき、解散は首相をはじめとする政治家にとっては一大事である。仮に野田首相らに外交センスがあったとしても、解散前後の混乱している最中に、とても各国への配慮を指示する余裕はないであろう。
 本来であれば、インドやロシアに対する電話会談などのセッティングを具申し、実務レベルで関係悪化を最小限に食い止めるのが現場の役目である。だが佐藤氏の主張が真実だとすると、外務官僚はそのような措置を一切していなかったことになる(具申したものの首相が拒否したのかどうかは不明。だがわざわざ拒否するとは考えにくい)。

 これは民間企業では到底考えられないことである。企業トップが社内の事情で、重要な提携相手との会談をキャンセルする事態となれば、関係部署や経営企画室などは、全力を挙げてフォローできる体制を構築すべく段取りをつけるだろう。だが公務員にはそのような意識はまったくないらしい。首相から指示されない限りは、各国との関係が悪化しようが我関せずということなのかもしれない。確かにそれで彼らの給料や年金が減らされるわけではない。公務員はここまで無責任になれるのである。

 日本では官僚組織に対する政治主導が、これではずっと議論されてきた。だが事態はもっと深刻であり、政治主導以前の問題なのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

chibeto50
中国がチベット自治区50年式典を開催。中国による既成事実化が進む

 中国は2015年9月8日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」に続いて「チ …

kajino
カジノ基本法案が衆院通過。あくまで基本法であり、具体的な駆け引きはこれから

 カジノを推進するための基本法である「統合型リゾート整備推進法案」(いわゆるカジ …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …