ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後任には、佐藤慎一主税局長が昇格した。主税局長からの次官就任は非常に珍しく、異例の人事といわれている。

mof03

 財務省ではこのところ定常状態ではない人事が続いていた。消費増税という財務省の悲願を達成するため、その司令塔であった勝栄二郎元次官(75年入省)が長期にわたって次官に就任していたからである。

 勝氏の後任には、真砂靖氏(78年)が就任したが1年で退任、その後、木下氏、香川氏、田中氏と79年入省の人物が連続して次官に就任するという前代未聞の事態となった。80年入省である佐藤氏は、本来であれば退任となってもおかしくないが、次官就任を果たした。

 佐藤氏は軽減税率をめぐって調整に手間取り、一時、官邸との関係が悪化したともいわれている。また次官には主計局長から就任するケースが圧倒的に多く、主税局長からの昇格は1981年以降例がない。それにもかかわらず、佐藤氏を次官に就任させた背景には、通常の人事に戻したいという省としての強い意向があったと考えられる。

 人事に歪みが出てしまうと、官庁は政治からの介入を受けやすくなる。こうした事態を防ぐためには、官庁主導の定常的な人事が続くことが望ましい。消費増税に失敗した財務省としては人事を最優先した可能性が高い。

 主計局長の福田淳一氏(82年)、官房長の岡本薫明氏(83年)、総括審議官の太田充氏(83年)はすべて留任となった。福田氏と同期の迫田理財局長は国税庁長官となったので、次官に昇進する可能性は極めて低い。佐藤氏が1年で退任し、主計局長の福田氏が昇格する可能性が見えてくる。

 もし福田氏が次の次官に就任し、1年での退任という形になれば、徐々に従来型の人事パターンに戻っていくことになる。将来の次官候補として重要なポストとなる主計局次長は、85年の可部氏が留任、同じく85年の藤井氏が内閣から戻り、86年の茶谷氏が続く布陣となった。
 消費税増税をめぐっては、すべてが官邸主導で進み、財務省はほとんど影響力を行使できなかった。とりあえず、守りの姿勢で体制を立て直すといったところだろうか。

 佐藤氏は1980年東京大学経済学部卒業。同年、旧大蔵省入省。秘書課長、総括審議官、官房長を経て2014年から主税局長を務めている。大阪府出身。

 - 政治 , ,

  関連記事

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …