ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後任には、佐藤慎一主税局長が昇格した。主税局長からの次官就任は非常に珍しく、異例の人事といわれている。

mof03

 財務省ではこのところ定常状態ではない人事が続いていた。消費増税という財務省の悲願を達成するため、その司令塔であった勝栄二郎元次官(75年入省)が長期にわたって次官に就任していたからである。

 勝氏の後任には、真砂靖氏(78年)が就任したが1年で退任、その後、木下氏、香川氏、田中氏と79年入省の人物が連続して次官に就任するという前代未聞の事態となった。80年入省である佐藤氏は、本来であれば退任となってもおかしくないが、次官就任を果たした。

 佐藤氏は軽減税率をめぐって調整に手間取り、一時、官邸との関係が悪化したともいわれている。また次官には主計局長から就任するケースが圧倒的に多く、主税局長からの昇格は1981年以降例がない。それにもかかわらず、佐藤氏を次官に就任させた背景には、通常の人事に戻したいという省としての強い意向があったと考えられる。

 人事に歪みが出てしまうと、官庁は政治からの介入を受けやすくなる。こうした事態を防ぐためには、官庁主導の定常的な人事が続くことが望ましい。消費増税に失敗した財務省としては人事を最優先した可能性が高い。

 主計局長の福田淳一氏(82年)、官房長の岡本薫明氏(83年)、総括審議官の太田充氏(83年)はすべて留任となった。福田氏と同期の迫田理財局長は国税庁長官となったので、次官に昇進する可能性は極めて低い。佐藤氏が1年で退任し、主計局長の福田氏が昇格する可能性が見えてくる。

 もし福田氏が次の次官に就任し、1年での退任という形になれば、徐々に従来型の人事パターンに戻っていくことになる。将来の次官候補として重要なポストとなる主計局次長は、85年の可部氏が留任、同じく85年の藤井氏が内閣から戻り、86年の茶谷氏が続く布陣となった。
 消費税増税をめぐっては、すべてが官邸主導で進み、財務省はほとんど影響力を行使できなかった。とりあえず、守りの姿勢で体制を立て直すといったところだろうか。

 佐藤氏は1980年東京大学経済学部卒業。同年、旧大蔵省入省。秘書課長、総括審議官、官房長を経て2014年から主税局長を務めている。大阪府出身。

 - 政治 , ,

  関連記事

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …