ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付で退任すると発表した。アローラ氏は、孫正義社長が後継者に指名していた人物。アローラ氏の退任で孫氏が引き続き経営の舵取りを行うことになる。

softbankson02

 アローラ氏は米グーグル出身で、2014年に孫氏が巨額報酬を提示して迎え入れた人物である。2015年3月期における契約金も含めた報酬は165億円、2016年3月期は80億円を支払っており、孫氏の期待が大きかったことが分かる。

 今回の人事について孫氏は、経営を続けたいという「欲が出てきた」と説明しており、アローラ氏も「(孫社長の)意向を尊重したい」としている。孫氏は同社の創業者であり、経営に対する欲が出てきたという説明は嘘ではないだろう。
 だが、この人事は株主総会直前に決まり、当日になって議案が差し替えられるという異例の事態となっている。二人の発言を額面通りに受け止めることは難しい。

 同社からはこれ以上の説明はないので推測するしかないが、アローラ氏の実力を孫氏が過大評価していたという可能性がもっとも高いだろう。
 アローラ氏はグーグルでも高い実績を上げた人物だが、あくまでプロ経営者であり、企業の創業者ではない。ソフトバンクという企業をゼロから立ち上げ世界企業にまで育て上げた孫氏とは立場が異なる。

 またアローラ氏に対しては、米国の投資家グループが、副社長としての実績や適性を疑問視する書簡を送っていたことが明らかとなっている。一部投資家の見解であり、同社は根拠のないものとしてこれを退けているが、アローラ氏が主導した投資案件があまりうまいっていないのも事実である。少なくともカリスマ的な能力を持つ孫氏の経営を完全に引き継げるのかは未知数である。孫氏がアローラ氏を見限ってもおかしくない。

 創業経営者の引き際はどの会社にとっても難しい課題である。マイクロソフト創業者のビルゲイツ氏は2001年にCEO(最高経営責任者)の座をバルマー氏に譲っているが、バルマー氏とゲイツ氏はハーバード時代の同級生であり、バルマー氏は準創業者といってもよい存在である。その後、内部昇格者のナデラ氏にCEOを譲ったのは2014年のことである。創業者の色が完全になくなるまで13年の歳月をかけている。

 特に日本企業の場合には、人材の層が薄く、企業文化の問題もあり、日本人以外がトップに立つことは難しい。その意味では、アローラ氏に2年でトップを譲るというスケジュールは少々拙速だったのかもしれない。

 とりあえず孫氏が続投するということで市場では安心感が広がっている。孫氏は現在58歳と若く、10年から15年は余裕で経営を続けることができる。後継者がすぐに意識されることはないだろうが、「決められないかもしれない」という問題は市場の中でくすぶり続けることになる。

 今回の人事は、総会の招集通知が送られた後に決定されたものであり、その結果、一部の投資家は議決権を行使することができなかった。違法ではないが、これまで市場との対話を重視してきた同社としては、かなりお粗末な対応である。後継者問題というものが難題であることを一連の出来事は物語っている。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …