ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の午後に判明する。調査会社が投票終了直後に行った世論調査では残留がリードしているが、最終的な結果がどうなるかはまだ分からない。

 市場はEU離脱をめぐって大荒れとなったが、仮に離脱となっても、すぐに状況が変わるわけではなく、一方、残留となれば、現状が維持されるだけである。どちらの結果になるにせよ、国民投票を行ったことは英国にとってデメリットとなるだろう。

london02

 英国とEUの関わり方には、通貨、自由貿易、規制、予算という4つの側面がある。これらのすべてを受け入れる形になると、フランスやドイツに代表されるようなユーロ圏国家ということになる。
 英国はもともと独自通貨ポンドを維持しているので、残りの3つについてEUとどのような関係を結ぶのかということが焦点となっていた。

 英国財務省がまとめた報告書によると、英国の製品輸出の半分、サービス輸出の37%がEU向けとなっており、英国産業はEU全域のサプライチェーンに組み込まれているという。
 ひとつの例として、エアバス旅客機の翼に関する製造工程が示されているが、それによるとスペインとドイツで基本部位が製造され、これらは英国で翼として組み立てが行われている。完成した翼はドイツに渡り機器類が実装され、最終的には機体の組み立て工場が置かれているフランスに送られる。

 仮に英国が自由貿易の圏外になってしまうと、こうしたサプライチェーンに関税がかかることになり、英国がこの枠組みからはじき出されてしまうと報告書は主張している。

 しかしながら、EUとの英国の関わり方は、単純な二者択一ではない。仮に離脱が決議されても、自由貿易の協定を維持しながら、EUの枠組みには入らないといった交渉が可能であり、現状とほとんど変わらない状態を維持することも不可能ではない。離脱となった場合には、EUとの長い交渉が始まることになり、不透明感はむしろ拡大するだろう。

 一方、残留が決定しても、現状が継続するだけで市場に大きなプラスがもたらされるわけではない。つまり、残留か離脱かを問う国民投票を実施するということは、市場に混乱をもたらすだけで、メリットがほとんどないというのが現実なのだ。

 英国はこれまでEU離脱を交渉材料としてちらつかせ、自国に有利になるようEUとの交渉を行ってきた。言ってみればEU離脱は「伝家の宝刀」ということになる。

 だが伝家の宝刀は、本当に抜いてしまっては意味がない。今回、どちらの結果になるにせよ、英国が国民投票という切り札を使ってしまったことは、今後の英国にとってあまりよい結果をもたらさないかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …