ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を収めた。円相場は一時、1ドル=100円を割り込み、日経平均も1300円近く下落した。世界経済への影響を懸念する声があちこちから聞こえるが、議論は少々混乱気味となっている。ある程度の交通整理が必要だろう。

kabuka
 短期的な影響が懸念されるのはやはり金融市場である。事前予想は、残留支持派が僅差で勝利という内容が多かったため、市場は完全に残留を織り込んでいた。それだけにショックは大きく、これが株価の大幅な下落につながっている。

 ただ、一連の株価下落が金融危機を引き起こす可能性は低い。各国の中央銀行は国民投票の実施にあり、ドル供給のスキームについて事前協議を行っている。仮に決済用の外貨が不足する事態となった場合でも、各国が協調してこれに対応するだろう。
 もっともヘッジファンドや機関投資家は、今回の株価下落によって大幅なポジション調整を迫られることになる。一連の調整が終了するまで、金融市場は混乱する可能性が高い。いずれ市場は落ち着くが、2番底には警戒した方がよいだろう。

 次に懸念されるのは経済的な影響だが、これには二つの側面がある。ひとつは英国の離脱が経済に与える直接的な影響。もうひとつは、一連の株価下落が間接的に経済に与える影響である。

 英国のEU離脱は政治的には大きな出来事だが、経済面での影響は小さいかもしれない。英国は間もなくEUに対して離脱を宣言するが、実際に離脱するまでには2年間の猶予がある。
 その間に英国はEUとの新しい協定について交渉することになるが、協定内容が明らかになるまでは、経済的な影響がどの程度なのかは分からない。場合によっては、現状と大きく変わらない可能性もあり、少なくとも交渉の結果が明らかになるまでは、経済の枠組みが大きく変わることはないだろう。

 一方、間接的な影響は意外と大きいかもしれない。米国はリーマンンショック後、すでに景気拡大が8年続いている。専門家の中にはそろそろリセッション入りしてもおかしくないと指摘する人もいる。
 こうした状況で、離脱による株価下落というイベントが発生すると、それをきっかけに下落相場が始まり、実体経済に影響を与えてしまう可能性もある。つまり別の経済的要因について英国の離脱がトリガーになってしまうというパターンである。

 このところ世界経済は成長鈍化の懸念が顕著になっているほか、中国の景気失速など不安定要素が大きい。少なくとも今回の離脱が米国の利上げペースに影響を与えることは確実である。深刻な状況に陥る可能性は低いが、各国の投資家にとっては動きづらい状況が続くことになる。

 - 経済 ,

  関連記事

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

no image
世界の中心でインフレを叫ぶ

 このご時勢にインフレなどと言ったら「お前頭がおかしいんじゃないか?」言われそう …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …