ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には20兆円という数字まで飛び出しており、赤字国債の増発は避けて通れない状況となっている。日本の財政に歯止めをかける方法はもはや存在していないようだ。

kokkaigijido

 自民党の二階総務会長は、安倍首相に総額20兆円の景気対策を提言した。15兆円は国費で対応するが、残りの5兆円は財政投融資で手当するという。同じく自民党の下村総裁特別補佐も10兆円を超える補正予算が必要と発言しており、党内では、10兆円以上の景気対策というのがほぼ既定路線となりつつある。

 当然のことながら、景気対策には財源が必要だが、今のところ、手当できる見通しはない。2015年度の税収は、円高の進行による企業業績の悪化によって当初の見積もりを下回る状況となっている。これまで政府の予算編成では、税収を低く見積もって予算を作り、上振れ分を補正予算の財源にするという手法が用いられてきたが、このやり方がとうとう通用しなくなった。

 今期以降の企業業績も振るわない可能性が高く、税収の伸びに期待することは難しい。10兆円を超える景気対策の実施は、事実上、赤字国債の増発を意味することになる。

 本来であれば、ここで財政への懸念が台頭するところだが、今の日本には将来のことを考える余裕はすでになくなっている。また都合のよいことに、円高への対応から、日銀に対しては追加緩和の圧力が日増しに高まっている。一部からは年2回の緩和という声もあがっており、これが実現すると、国債は日銀がいくらでも買ってくれることになる。

 日本の政治環境では、財政肥大化を自律的に食い止めることはもともと難しいことだが、これまでは、日銀の買い余力の限界が実質的にストッパーの役割を果たしてきた。だが、市中に国債がなくなりつつある中で、2回の追加緩和ということになれば、国債の供給源はもはや新発の赤字国債しかない。量的緩和策の限界という抑止装置もここで外れてしまうことになる。

 日銀が追加緩和に踏み切り、大型の景気対策が実施されれば、景気の大きな落ち込みは回避できるかもしれない。だが日本経済は基本的に米国経済に依存しているという現実を多くの人は忘れている。
 国内では米国の景気の先行きについて悲観的な見方をする人が多いのだが、もしそれが事実なのだとすると、米国経済の影響をもっとも受けるのはほかでもない日本である。

 もし米国経済がリセッション入りするような状況となれば、大型の景気対策や追加緩和はほとんど無意味になってしまうだろう。いつかは分からないが、これらが限界に達してしまった時には、いよいよ為替は反転し、金利上昇という望ましくないシナリオが始まることになる。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …