ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役員報酬を受け取った役員がいる企業は186社だったと発表した。個別企業では三菱電機が最多の23人となっている。

shacho

 日本企業の役員報酬は国際的に見て安いといわれてきたが、最近では上昇傾向が顕著となっている。ただ、高額報酬をもっているのは、外国人の雇われ経営者であることが多く、その点においては日本の環境はまだ特殊かもしれない。ただ、実績が伴わないにもかかわらず役員報酬だけはグローバル水準に引き上げるケースも散見され、投資家は警戒感を強めている。

 今回の調査でトップになったのは退任が決まったばかりのソフトバンクのアローラ氏で報酬額は64億7800万円だった。このほか日産自動車のゴーン氏(10億7100万円)、武田薬品工業のウェバー氏(9億500万円)など、外国人のプロ経営者の名前が並ぶ。

 ただ、ソニー社長の平井一夫氏のように内部昇格者の日本人としては破格の7億9400万円をもらっているケースや、三菱電機のように23人が1億円突破というケースも出てきている。日本企業がグローバル水準の業績を上げているのであれば、相応の高額報酬を得ることは何の問題もないが、現実はそうでもない。

 ソニーは劇的な復活を遂げたと言われているが、2016年3月期の当期利益はわずか1480億円である。一方、アップルの2015年12月期の当期利益は534億ドル(約5兆5000億円)とソニーの40倍近い。同社CEOのクック氏の役員報酬は1028万ドル(約10億円)なので、平井氏と大差ない水準である。
 ソニーは業績については完全に日本型ドメスティック企業だが、役員報酬だけはグローバル水準になっているようだ。三菱電機についても、当期利益率が5.2%と特別に高い水準ではない。

 一方、トヨタ自動車の豊田章男社長のように世界トップ・レベルの業績を上げていながら、わずか3億5000万円しかもらっていないケースもある。豊田氏が創業家出身で株式も多数保有しているという状況を考慮に入れても、かなり安いと判断してよいだろう。

 このほか、高額報酬として名前があがった日本人経営者としてはファナックの稲葉善治氏などがある。稲葉氏の役員報酬は6億9000万円だった。
 ファナックは超高収益企業であり、2016年3月期も当期利益率25.6%という好業績を残している。同社はこれまで秘密主義を貫いており、非オーナー企業であるにもかかわらず経営者の世襲が行われるなど、ガバナンス上はいろいろと問題があった。
 だが圧倒的な高収益を出すことで株主を納得させてきたことに加え、最近では投資家に対する姿勢もかなり変化している。9億6000万円という金額は十分に納得できる水準だろう。

 これまで日本企業の役員報酬はグローバルに見て安いといわれてきた。だが最近ではこの状況は変わりつつある。

 業績が伴わないのに役員報酬だけはグローバル水準に引き上げる企業がある一方、割安な役員報酬にとどめているところもある。こうした状況は、日本の役員報酬が適性水準に落ち着くまでの過渡期と考えられなくもないが、日本企業が完全に衰退モードに入っている予兆と捉えることもできる。
 つまり少ないパイをめぐってその奪い合いが始まっているという図式である。前者であることを願いたいが、果たしてどうなるだろうか。

 - 経済 , ,

  関連記事

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …