ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役員報酬を受け取った役員がいる企業は186社だったと発表した。個別企業では三菱電機が最多の23人となっている。

shacho

 日本企業の役員報酬は国際的に見て安いといわれてきたが、最近では上昇傾向が顕著となっている。ただ、高額報酬をもっているのは、外国人の雇われ経営者であることが多く、その点においては日本の環境はまだ特殊かもしれない。ただ、実績が伴わないにもかかわらず役員報酬だけはグローバル水準に引き上げるケースも散見され、投資家は警戒感を強めている。

 今回の調査でトップになったのは退任が決まったばかりのソフトバンクのアローラ氏で報酬額は64億7800万円だった。このほか日産自動車のゴーン氏(10億7100万円)、武田薬品工業のウェバー氏(9億500万円)など、外国人のプロ経営者の名前が並ぶ。

 ただ、ソニー社長の平井一夫氏のように内部昇格者の日本人としては破格の7億9400万円をもらっているケースや、三菱電機のように23人が1億円突破というケースも出てきている。日本企業がグローバル水準の業績を上げているのであれば、相応の高額報酬を得ることは何の問題もないが、現実はそうでもない。

 ソニーは劇的な復活を遂げたと言われているが、2016年3月期の当期利益はわずか1480億円である。一方、アップルの2015年12月期の当期利益は534億ドル(約5兆5000億円)とソニーの40倍近い。同社CEOのクック氏の役員報酬は1028万ドル(約10億円)なので、平井氏と大差ない水準である。
 ソニーは業績については完全に日本型ドメスティック企業だが、役員報酬だけはグローバル水準になっているようだ。三菱電機についても、当期利益率が5.2%と特別に高い水準ではない。

 一方、トヨタ自動車の豊田章男社長のように世界トップ・レベルの業績を上げていながら、わずか3億5000万円しかもらっていないケースもある。豊田氏が創業家出身で株式も多数保有しているという状況を考慮に入れても、かなり安いと判断してよいだろう。

 このほか、高額報酬として名前があがった日本人経営者としてはファナックの稲葉善治氏などがある。稲葉氏の役員報酬は6億9000万円だった。
 ファナックは超高収益企業であり、2016年3月期も当期利益率25.6%という好業績を残している。同社はこれまで秘密主義を貫いており、非オーナー企業であるにもかかわらず経営者の世襲が行われるなど、ガバナンス上はいろいろと問題があった。
 だが圧倒的な高収益を出すことで株主を納得させてきたことに加え、最近では投資家に対する姿勢もかなり変化している。9億6000万円という金額は十分に納得できる水準だろう。

 これまで日本企業の役員報酬はグローバルに見て安いといわれてきた。だが最近ではこの状況は変わりつつある。

 業績が伴わないのに役員報酬だけはグローバル水準に引き上げる企業がある一方、割安な役員報酬にとどめているところもある。こうした状況は、日本の役員報酬が適性水準に落ち着くまでの過渡期と考えられなくもないが、日本企業が完全に衰退モードに入っている予兆と捉えることもできる。
 つまり少ないパイをめぐってその奪い合いが始まっているという図式である。前者であることを願いたいが、果たしてどうなるだろうか。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …