ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標の達成時期についても再度、先送りするとの観測が高まっている。今回、達成時期の先送りを行うと量的緩和開始以来、5度目となる。

nichigin

 日銀は2013年4月の金融政策決定会合において量的緩和策の導入を決定した。2%の物価目標を達成する時期としては、当初は2年としていたが、2014年4月には「2015年度を中心とする期間」と、含みを持たせた表現に変更していた。

 ところが2015年4月に「16年度前半ごろ」と変更し、2年の物価目標を撤回。2015年10月に「16年度後半ごろ」、2016年1月に「17年度前半ごろ」、さらには2016年4月に「17年度中」と4回の先送りを実施してきた。今回先送りを実施した場合、5回目ということになる。

 ここまでくると、物価目標という政策そのものが実質的に意味をなくしてしまう。中央銀行に対する信任というものを考えた場合、そろそろ抜本的な見直しを検討するというのも選択肢の一つとなってくる。

 ちなみに、日銀が4日に発表した、6月末時点におけるマネタリーベースの残高は403兆9327億円と7カ月連続で過去最高を更新した。量的緩和策実施前と比較するとマネタリーベースは2.8倍に増加したが、マネーストックは前年同月比プラス2%台という状況が続いており、十分にマネーが行き渡っているとはいえない。

 仮に追加緩和を決定した場合、短期的には市場に対して効果を与えるかもしれないが、追加緩和の実施は、日銀が量的緩和を実施できる期間の短縮につながってしまう。長期的にはマイナス面も大きい。

 このタイミングで量的緩和の縮小は難しいという現実を考えると、物価目標の撤回は、緩やかな撤退戦略の有力候補となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …