ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標の達成時期についても再度、先送りするとの観測が高まっている。今回、達成時期の先送りを行うと量的緩和開始以来、5度目となる。

nichigin

 日銀は2013年4月の金融政策決定会合において量的緩和策の導入を決定した。2%の物価目標を達成する時期としては、当初は2年としていたが、2014年4月には「2015年度を中心とする期間」と、含みを持たせた表現に変更していた。

 ところが2015年4月に「16年度前半ごろ」と変更し、2年の物価目標を撤回。2015年10月に「16年度後半ごろ」、2016年1月に「17年度前半ごろ」、さらには2016年4月に「17年度中」と4回の先送りを実施してきた。今回先送りを実施した場合、5回目ということになる。

 ここまでくると、物価目標という政策そのものが実質的に意味をなくしてしまう。中央銀行に対する信任というものを考えた場合、そろそろ抜本的な見直しを検討するというのも選択肢の一つとなってくる。

 ちなみに、日銀が4日に発表した、6月末時点におけるマネタリーベースの残高は403兆9327億円と7カ月連続で過去最高を更新した。量的緩和策実施前と比較するとマネタリーベースは2.8倍に増加したが、マネーストックは前年同月比プラス2%台という状況が続いており、十分にマネーが行き渡っているとはいえない。

 仮に追加緩和を決定した場合、短期的には市場に対して効果を与えるかもしれないが、追加緩和の実施は、日銀が量的緩和を実施できる期間の短縮につながってしまう。長期的にはマイナス面も大きい。

 このタイミングで量的緩和の縮小は難しいという現実を考えると、物価目標の撤回は、緩やかな撤退戦略の有力候補となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …