ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標の達成時期についても再度、先送りするとの観測が高まっている。今回、達成時期の先送りを行うと量的緩和開始以来、5度目となる。

nichigin

 日銀は2013年4月の金融政策決定会合において量的緩和策の導入を決定した。2%の物価目標を達成する時期としては、当初は2年としていたが、2014年4月には「2015年度を中心とする期間」と、含みを持たせた表現に変更していた。

 ところが2015年4月に「16年度前半ごろ」と変更し、2年の物価目標を撤回。2015年10月に「16年度後半ごろ」、2016年1月に「17年度前半ごろ」、さらには2016年4月に「17年度中」と4回の先送りを実施してきた。今回先送りを実施した場合、5回目ということになる。

 ここまでくると、物価目標という政策そのものが実質的に意味をなくしてしまう。中央銀行に対する信任というものを考えた場合、そろそろ抜本的な見直しを検討するというのも選択肢の一つとなってくる。

 ちなみに、日銀が4日に発表した、6月末時点におけるマネタリーベースの残高は403兆9327億円と7カ月連続で過去最高を更新した。量的緩和策実施前と比較するとマネタリーベースは2.8倍に増加したが、マネーストックは前年同月比プラス2%台という状況が続いており、十分にマネーが行き渡っているとはいえない。

 仮に追加緩和を決定した場合、短期的には市場に対して効果を与えるかもしれないが、追加緩和の実施は、日銀が量的緩和を実施できる期間の短縮につながってしまう。長期的にはマイナス面も大きい。

 このタイミングで量的緩和の縮小は難しいという現実を考えると、物価目標の撤回は、緩やかな撤退戦略の有力候補となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …