ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行の株価が大幅に下落しているほか、イタリアでは銀行の不良債権問題が再びクローズアップされている。英国本体よりもむしろ欧州大陸側の影響が大きいことが意識され始めている。

euuk
 ドイツ銀行は以前から赤字決算が続いており、もともと株価の下落が進んでいた。そこにEU離脱というショックが加わったことで拍車がかかった。著名投資家のジョージ・ソロス氏がドイツ銀行株を空売りしたという話が伝わったことも影響を大きくしたかもしれない。イタリアでは再び不良債権問題が取り沙汰されるようになり、金融システムに対する不安が高まっている。

 英国の離脱問題は、当初、英国に対する影響が大きいかと思われたが、そうではなく欧州大陸の方がより深刻な打撃を受けるとの認識に変わりつつある。離脱後の株価の推移はこうした状況をよく表している。

 英国の株価指数であるFTSEは、離脱前の6月23日は6338.1だったが、7月6日の終値は約2%上昇の6463.59となった。一方、ドイツの株価指数DAXは同じ期間で8.6%の下落、フランスのCACもやはり8.5%の下落だ。米国のダウはほぼ横ばいの状況である。

 英国の株価は下落するどころか離脱を期にむしろ上昇、欧州との経済的関係が薄い米国は横ばい、欧州は大幅な下落という状況である。
 長期的に見れば英国もEU離脱の影響を免れないが、短期的にもっとも影響が大きいのは、欧州全域に展開するグローバル企業の業績である。こうした企業は英国よりも欧州大陸に多く、EU側にマイナスの影響が出やすい。

 また金融システムもEU側は各国が密接に連携しており、連鎖的に危機が波及しやすい状況にある。リーマンンショックの教訓から、危機の連鎖を防ぐ仕組みが出来上がっているので、過度な心配は不要だが、今回の離脱の影響は、むしろEU側で深刻であることがはっきりしてきたとみてよいだろう。

 ちなみに日経平均は同じ期間で5.3%も下落しており、欧州大陸に匹敵するレベルである。ドル建てで見れば影響は緩和されるが、日本は欧州大陸との関係がもっとも希薄であることを考えると、かなりのとばっちりである。

 市場というのは残酷であり、もっとも脆弱なところが真っ先に攻撃されてしまう。日本経済と日本市場が国際的に見てもっとも弱い市場であることを考えると、日本ばかりが被害を受けるという現実については、甘んじて受け入れるしかないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

microsoft02
マイクロソフトがノキアの携帯電話部門を買収。バルマーCEO最後の大仕事

 米マイクロソフトは9月2日、ノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収すると発 …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …