ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行の株価が大幅に下落しているほか、イタリアでは銀行の不良債権問題が再びクローズアップされている。英国本体よりもむしろ欧州大陸側の影響が大きいことが意識され始めている。

euuk
 ドイツ銀行は以前から赤字決算が続いており、もともと株価の下落が進んでいた。そこにEU離脱というショックが加わったことで拍車がかかった。著名投資家のジョージ・ソロス氏がドイツ銀行株を空売りしたという話が伝わったことも影響を大きくしたかもしれない。イタリアでは再び不良債権問題が取り沙汰されるようになり、金融システムに対する不安が高まっている。

 英国の離脱問題は、当初、英国に対する影響が大きいかと思われたが、そうではなく欧州大陸の方がより深刻な打撃を受けるとの認識に変わりつつある。離脱後の株価の推移はこうした状況をよく表している。

 英国の株価指数であるFTSEは、離脱前の6月23日は6338.1だったが、7月6日の終値は約2%上昇の6463.59となった。一方、ドイツの株価指数DAXは同じ期間で8.6%の下落、フランスのCACもやはり8.5%の下落だ。米国のダウはほぼ横ばいの状況である。

 英国の株価は下落するどころか離脱を期にむしろ上昇、欧州との経済的関係が薄い米国は横ばい、欧州は大幅な下落という状況である。
 長期的に見れば英国もEU離脱の影響を免れないが、短期的にもっとも影響が大きいのは、欧州全域に展開するグローバル企業の業績である。こうした企業は英国よりも欧州大陸に多く、EU側にマイナスの影響が出やすい。

 また金融システムもEU側は各国が密接に連携しており、連鎖的に危機が波及しやすい状況にある。リーマンンショックの教訓から、危機の連鎖を防ぐ仕組みが出来上がっているので、過度な心配は不要だが、今回の離脱の影響は、むしろEU側で深刻であることがはっきりしてきたとみてよいだろう。

 ちなみに日経平均は同じ期間で5.3%も下落しており、欧州大陸に匹敵するレベルである。ドル建てで見れば影響は緩和されるが、日本は欧州大陸との関係がもっとも希薄であることを考えると、かなりのとばっちりである。

 市場というのは残酷であり、もっとも脆弱なところが真っ先に攻撃されてしまう。日本経済と日本市場が国際的に見てもっとも弱い市場であることを考えると、日本ばかりが被害を受けるという現実については、甘んじて受け入れるしかないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

kanntei
2020年度の財政黒字化は困難との内閣府試算。消費税15%以外に方法はないのか?

 政府は8月8日、閣議を開催し財政健全化の道筋を示す「中期財政計画」を閣議了解し …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …