ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部の調査で明らかとなった。だがこの結果から、最近の新社会人は「ゆとり世代」「草食系」などと判断してしまうのは早計だ。

kaisatu

 この調査は日本生産性本部と日本経済青年協議会が、新社会人を対象に1969年から行っているもので今回48回目となる。その中で「人並みで十分」と考える新社会人の割合は58.3%となり過去最高を更新した。これは4年連続の増加である。
 この結果だけを聞くと、最近の若者は「ゆとり世代」であるとったステレオタイプな結論になりがちである。確かに「楽しい生活をしたい」と回答する割合も過去最高を記録するなど、それを裏付けるデータもあるが一概にそうとはいえない。

 調査結果を遡ると意外なデータも見受けられるからだ。過去47年間で、今回と同じくらい「人並みで十分」と考える割合が高かったのは、バブル経済がピークから崩壊へとシフトしていた1992年であった。つまり現在、管理職として若者と接している40代後半の人達、いわゆるバブル世代上司である。
 また「仕事よりデート」と回答した新社会人は、2016年は約22%とこのところジワジワ上昇しているのだが、バブル世代が新社会人だった当時は何と40%近い割合となっている。バブル世代社員は仕事などほったかしでデートしていたようである。

 当時の新社会人は「新人類」などと言われ、仕事に対して全く無気力であると上の世代の人達から厳しく批判されていた。当時のメディアの報道を見ると、無気力で仕事に情熱を傾けない若者に対する中高年層からの批判のオンパレードである。

 現在、仕事に対して情熱がないと新社会人を厳しく批判しているのは、まさに、無気力と批判されていたバブル世代の上司達である。しかし彼等が新社会人だった当時は、今の若年層とまったく同じ立場だったということになる。

 バブル世代は、最初は反抗したものの、やがてサラリーマン社会に馴染み、今となっては、かつての高度成長期の中高年層と同様、若手に対して「情熱がない」と叱っている。このデータを見ると、若い世代の意識がどうだったのかは、その後の振る舞いにはあまり影響しないと考えることもできる。

 現在のゆとり世代の若者が中高年になった時には、やはり同じように新社会人に対して、情熱がないと批判しているのかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …