ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農業部門の雇用者数は前月比28万7000人増となり、市場予想を大幅に上回った。想像以上のポジティブ・サプライズに市場には安心感が広がっているが、利上げが先送りされるとの観測は変わっていない。

usakoyoutoukei201606

 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。今年に入ってから10万人台になることが多く、景気のピークアウトが懸念されていた。特に5月の雇用統計は前月比3万8000人増となり、市場予想の3分の1にも満たない水準にとどまった。同日の株式市場は一時140ドル以上の下落となり、為替市場では一気に円高が進んだ。

 6月の結果も同じように低水準だった場合、景気失速が濃厚となるが、大幅なプラスだったことでその懸念はひとまず和らいだ。ただ5月の増加数は3万8000人からさらに下方修正され1万1000人となってしまった。3カ月の増加数の平均は14万7000人であり、総合的に見て状況が大きく改善したわけではない。

 英国のEU離脱など世界経済の不透明感は高まっており、今回の結果を受けてFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを決断すると見る市場関係者はほとんどいない。為替もむしろ円高に振れている状況だ。

 もっとも、株式市場は利上げが遠のいたとの観測から買いが進んでおり、ダウ平均株価は再び最高値をにらむ展開となっている。現在、集中的に買われているのは、公共や通信など、安定的で高配当な、いわゆるディフェンシブ銘柄である。成長株は買われておらず、市場のファンダメンタルは弱い。

 銘柄の物色状況を考えると、株価は近くピークアウトするとのシナリオが描けるが、必ずしもそうとはいえない。世界経済の不透明感から、当分の間、利上げは凍結される可能性が高い。米国の金利は史上空前の低さであり、高配当銘柄の優位性も続くことになる。

 米国景気が深刻な景気後退に突入し、こうしたディフェンシブ銘柄の業績まで悪化する形にならなければ、高配当銘柄の優位性は継続し、米国株は意外としぶとく上昇を続けるかもしれない。

 こうした図式が続いた場合、日本株には明らかにマイナスとなる。米国の実質金利が上昇しないため円安に転換できず、日本企業の業績は伸び悩む。参院選で与党が勝利したことから、安倍政権は財政出動に踏み切る可能性が高いが、大きな効果は得られないだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …