ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と争っていたレッドソム・エネルギー担当閣外相が撤退を表明したことでメイ氏の勝利となった。
 メイ氏はEU残留派だったが、残留を求めることはせず、就任後ただちにEUとの交渉を進める意向を明らかにしている。実務能力の高い人物が首相に就任することが決まり、市場には安心感が広がっている。

may

 メイ氏は公立進学校からオックスフォード大学に進み、英国のイングランド銀行に勤務。1997年に下院議員となり2010年から内相を務めている。父親は英国国教会の司祭で本人も国教会である。

 保守党内では現実派・実務派として知られ、スタンドプレーをあまり好まない。EUについてはもともと懐疑的だったが、現実主義的な立場からEU残留を支持していた。このためEU残留のキャンペーンには積極的に関わっていない。

 英国は国民投票でEU離脱を決定したが、離脱派の急先鋒であったジョンソン前ロンドン市長が党首選に出馬しないことを表明し、党内には混乱が広がっていた。党首選にはメイ氏など5人が立候補し、レッドソム・エネルギー担当閣外相との一騎打ちという状況になった。

 ただレッドソム氏は初当選が2010年と政治でのキャリアが浅く、閣僚経験もない(閣外相は日本の副大臣に相当)。また金融機関での経歴を過大に説明していたという報道もあり、かなり不利な情勢となっていた。

 メイ氏は事実上の首相就任を受けて「EU離脱はそれ以上でもそれ以下でもない」と述べ、最善の条件で離脱できるよう全力を尽くす方針を明らかにした。少なくともEUとの交渉がどう進むのか分からないといった不透明感は払拭されることになる。

 またメイ氏は、英国企業がEU市場に従来に近い形でアクセスできることを最優先課題とすると説明しており、キャメロン政権が掲げていた緊縮財政も継承する見込み。EUとの新協定や今後の政策が現実的な内容であることが期待できるため、市場関係者は安堵している。

 メイ氏の実務的なスタンスはEU側のリーダーであるドイツのメルケル首相にも通じるところがある。メルケル氏とのコミュニケーションがスムーズに進めば、安心感はさらに高まるだろう。市場に相当なショックを与えた英国のEU離脱問題だが、最悪の展開は回避できた可能性が高い。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

no image
統一教会の教祖、文鮮明氏が死去。北朝鮮の開放政策にも影響か?

  統一教会の(世界基督教統一神霊協会)の創始者である文鮮明氏が3日、韓国で死去 …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …