ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と争っていたレッドソム・エネルギー担当閣外相が撤退を表明したことでメイ氏の勝利となった。
 メイ氏はEU残留派だったが、残留を求めることはせず、就任後ただちにEUとの交渉を進める意向を明らかにしている。実務能力の高い人物が首相に就任することが決まり、市場には安心感が広がっている。

may

 メイ氏は公立進学校からオックスフォード大学に進み、英国のイングランド銀行に勤務。1997年に下院議員となり2010年から内相を務めている。父親は英国国教会の司祭で本人も国教会である。

 保守党内では現実派・実務派として知られ、スタンドプレーをあまり好まない。EUについてはもともと懐疑的だったが、現実主義的な立場からEU残留を支持していた。このためEU残留のキャンペーンには積極的に関わっていない。

 英国は国民投票でEU離脱を決定したが、離脱派の急先鋒であったジョンソン前ロンドン市長が党首選に出馬しないことを表明し、党内には混乱が広がっていた。党首選にはメイ氏など5人が立候補し、レッドソム・エネルギー担当閣外相との一騎打ちという状況になった。

 ただレッドソム氏は初当選が2010年と政治でのキャリアが浅く、閣僚経験もない(閣外相は日本の副大臣に相当)。また金融機関での経歴を過大に説明していたという報道もあり、かなり不利な情勢となっていた。

 メイ氏は事実上の首相就任を受けて「EU離脱はそれ以上でもそれ以下でもない」と述べ、最善の条件で離脱できるよう全力を尽くす方針を明らかにした。少なくともEUとの交渉がどう進むのか分からないといった不透明感は払拭されることになる。

 またメイ氏は、英国企業がEU市場に従来に近い形でアクセスできることを最優先課題とすると説明しており、キャメロン政権が掲げていた緊縮財政も継承する見込み。EUとの新協定や今後の政策が現実的な内容であることが期待できるため、市場関係者は安堵している。

 メイ氏の実務的なスタンスはEU側のリーダーであるドイツのメルケル首相にも通じるところがある。メルケル氏とのコミュニケーションがスムーズに進めば、安心感はさらに高まるだろう。市場に相当なショックを与えた英国のEU離脱問題だが、最悪の展開は回避できた可能性が高い。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …