ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範では天皇の譲位を認めていないため、実現するためには法律の改正が必要となる。陛下はこれまで制度の問題について発言を極力控えられてきたことを考えると、退位のご意向は非常に強いと考えられる。

tennouheika02

 13日夜、各紙は関係者の話として、陛下は皇太子様に皇位を譲ることを要望されており、近く陛下のご意向を公表することについて検討中と報じた。数年前から退位をお考えになっており、宮内庁内では内々に検討が進められてきたという。

 明治以前は天皇の生前退位はよく行われていたが、明治時代に制定された旧皇室典範では認められなくなった。戦後に制定された現皇室典範においても天皇の生前退位はできない規定となっている。陛下が退位するためには、皇室典範の改正が必要となる。

 皇室典範の改定については、以前、女性天皇の可否も含めて議論になったことがあるが、その後、立ち消えとなっている。陛下はこれまで、こうした制度の問題について発言することについては極力控えてこられた。
 このタイミングで皇室典範の改正を伴う生前退位の話が出てきたということは、陛下のご意向がかなり強いものとみられる。今後の皇室のあり方も含め、幅広く国民に議論して欲しいとのメッセージと捉えるべきだろう。

 宮内庁の山本信一郎次長は記者団に対して「そのような事実は一切ない」と否定している。宮内庁としては、皇室典範の改定という微妙な問題をはらんでいるだけに、拙速な議論は避けたいと考えているとの報道もある。

 だが、皇室のあり方についてはいつかは議論しなければならない問題であり、一部では皇位継承をめぐって政治的な動きが見られるなど、時間的余裕はなくなっている。陛下の意思表明は、時代に合った新しい皇室のあり方について、国民的議論を深めるきっかけとすべきだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

sinjuwan
安倍首相が真珠湾を公式訪問。だが日米同盟の意味はすっかり変わってしまった

 安倍首相は2016年12月26~27日、太平洋戦争のきっかけとなったハワイの真 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …