ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホールディングスを買収すると発表した。買収金額は240億ポンド(3兆3000億円)と日本企業による海外M&A(合併・買収)としては過去最大。

softbankarm
 ARMは、スマホ向けCPU(中央演算処理装置)の設計では圧倒的なシェアを確保している。今後、あらゆるデバイスがインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)市場が拡大すると予想されており、こうした機器類のチップがARM社の設計になる可能性は極めて高い。今後10年のビジネスはほぼ確約された状況にある。

 今回の買収をきっかけにソフトバンクはIoT事業に本腰を入れると説明している。確かにソフトバンクは通信会社なので、IoT市場拡大の恩恵を受ける立場ではあるが、直接的にIoTビジネスを行っているわけではない。
 その意味では、ARM社の買収による短期的なシナジー効果は薄いと考えられる。ただARM社は今後のネット社会の中核となる企業のひとつであり、優良な投資案件であることは間違いない。

 近い将来、他の企業がさらに高い価格で買収をオファーする可能性も十分にあり、結果的に、極めてリターンの高い投資案件に化けるかもしれない。今後のネット市場のカギを握る企業を保有していることの間接的なメリットや、純粋な投資対象としても魅力的であることなどを総合した結果、買収が得策と判断したものと考えられる。

 今回のM&Aにあたっては、ARM社の15日の終値に対して約4割のプレミアを上乗せしているが、一連の状況を考えると概ね妥当な水準だろう。

 ソフトバンクは、保有するアリババ株などを一部売却することですでに2兆円弱の資金を得ている。これに新規の借入れを加えて買収資金に充当する予定。同社は2016年3月末時点ですでに12兆円の有利子負債があり、今回の買収でさらに借り入れは増えることになる。

 同社にはアリババの含み益が数兆円あり、今回の買収によって財務体質が決定的に劣化するわけではないが、売却益を使った財務改善の見込みはほぼなくなった。今後は事業が順調に展開することで財務を改善していくという道筋しか残っていない。
 孫正義社長は、常に背水の陣となる買収を仕掛けてきたが、今回も過去と同様、退路を断った決断ということになる。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …