ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホールディングスを買収すると発表した。買収金額は240億ポンド(3兆3000億円)と日本企業による海外M&A(合併・買収)としては過去最大。

softbankarm
 ARMは、スマホ向けCPU(中央演算処理装置)の設計では圧倒的なシェアを確保している。今後、あらゆるデバイスがインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)市場が拡大すると予想されており、こうした機器類のチップがARM社の設計になる可能性は極めて高い。今後10年のビジネスはほぼ確約された状況にある。

 今回の買収をきっかけにソフトバンクはIoT事業に本腰を入れると説明している。確かにソフトバンクは通信会社なので、IoT市場拡大の恩恵を受ける立場ではあるが、直接的にIoTビジネスを行っているわけではない。
 その意味では、ARM社の買収による短期的なシナジー効果は薄いと考えられる。ただARM社は今後のネット社会の中核となる企業のひとつであり、優良な投資案件であることは間違いない。

 近い将来、他の企業がさらに高い価格で買収をオファーする可能性も十分にあり、結果的に、極めてリターンの高い投資案件に化けるかもしれない。今後のネット市場のカギを握る企業を保有していることの間接的なメリットや、純粋な投資対象としても魅力的であることなどを総合した結果、買収が得策と判断したものと考えられる。

 今回のM&Aにあたっては、ARM社の15日の終値に対して約4割のプレミアを上乗せしているが、一連の状況を考えると概ね妥当な水準だろう。

 ソフトバンクは、保有するアリババ株などを一部売却することですでに2兆円弱の資金を得ている。これに新規の借入れを加えて買収資金に充当する予定。同社は2016年3月末時点ですでに12兆円の有利子負債があり、今回の買収でさらに借り入れは増えることになる。

 同社にはアリババの含み益が数兆円あり、今回の買収によって財務体質が決定的に劣化するわけではないが、売却益を使った財務改善の見込みはほぼなくなった。今後は事業が順調に展開することで財務を改善していくという道筋しか残っていない。
 孫正義社長は、常に背水の陣となる買収を仕掛けてきたが、今回も過去と同様、退路を断った決断ということになる。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …