ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2016年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%となり、4月時点の見通しから0.1ポイント引き下げられた。
 英国のEU離脱が市場や実体経済に与える影響が考慮され下方修正となった。現時点では、それほど大きなマイナスになるとは予想されておらず、離脱の影響は最小限にとどまる見通し。ただ離脱の影響については10月の見通しでより詳しく分析される予定。

IMF201607
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。さらに7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回の見通しでは、世界経済を牽引する米国の景気に陰りが見え始めていることや、中国の景気失速の影響が続いていることなどから、成長率は0.2ポイント下方修正されていた。

 これまでのところIMFの見立て通りに世界経済は進んでいたが、英国のEU離脱によって不確実性が増すことになった。こうした環境下では投資が抑制される可能性があり、それが実体経済にも影響を及ぼすことが懸念される。今回のアップデートではこうした状況が反映され、さらに0.1ポイントの引き下げにつながった。

 本格的な分析は10月の見通しということになるが、現時点で英国とEUの協定が変化したわけではない。再交渉の結果がはっきりするまでは、実体経済への影響は、あくまで不確実性によるものにとどまることになる。その点では、今回の下方修正は現実的なレベルといってよいだろう。

 国別では、米国が0.2ポイント下方修正されてプラス2.2%に、ユーロ圏については逆に0.1ポイント上方修正されてプラス1.6%になった。このところ欧州の景気は上昇傾向が顕著となっており、これが数字に反映された。ただ2017年については離脱の影響から0.2ポイント下方修正し、プラス1.4%としている。

 英国は0.2ポイント下方修正されプラス1.7%になった。ただ2017年については0.9ポイントの下方修正となっており、プラス1.3%まで下がる見通し。
 日本は0.2ポイントのマイナスでプラス0.3%だった。日本の場合は、離脱問題というよりも、国内的要因と考えた方がよいだろう。消費が停滞していることが響いている。

 中国は、当局による政策対応が効果を発揮していることなどから、0.1ポイント上方修正されプラス6.6%になった。インドは0.1ポイントの下方修正だがプラス7.4%と7%台を維持している。中国景気が多少、好転していることは世界経済に対して安心感を与えている。

 米国が景気後退に陥らず、中国の景気も反転すれば、英国のEU離脱という悪影響があっても、世界経済の状況はそれほど悪化しない可能性もある。離脱問題によって不確実性は高まったものの、今のところ、世界経済は意外と底堅く推移している。

 - 経済 , , ,

  関連記事

sharp
シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …