ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2016年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%となり、4月時点の見通しから0.1ポイント引き下げられた。
 英国のEU離脱が市場や実体経済に与える影響が考慮され下方修正となった。現時点では、それほど大きなマイナスになるとは予想されておらず、離脱の影響は最小限にとどまる見通し。ただ離脱の影響については10月の見通しでより詳しく分析される予定。

IMF201607
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。さらに7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回の見通しでは、世界経済を牽引する米国の景気に陰りが見え始めていることや、中国の景気失速の影響が続いていることなどから、成長率は0.2ポイント下方修正されていた。

 これまでのところIMFの見立て通りに世界経済は進んでいたが、英国のEU離脱によって不確実性が増すことになった。こうした環境下では投資が抑制される可能性があり、それが実体経済にも影響を及ぼすことが懸念される。今回のアップデートではこうした状況が反映され、さらに0.1ポイントの引き下げにつながった。

 本格的な分析は10月の見通しということになるが、現時点で英国とEUの協定が変化したわけではない。再交渉の結果がはっきりするまでは、実体経済への影響は、あくまで不確実性によるものにとどまることになる。その点では、今回の下方修正は現実的なレベルといってよいだろう。

 国別では、米国が0.2ポイント下方修正されてプラス2.2%に、ユーロ圏については逆に0.1ポイント上方修正されてプラス1.6%になった。このところ欧州の景気は上昇傾向が顕著となっており、これが数字に反映された。ただ2017年については離脱の影響から0.2ポイント下方修正し、プラス1.4%としている。

 英国は0.2ポイント下方修正されプラス1.7%になった。ただ2017年については0.9ポイントの下方修正となっており、プラス1.3%まで下がる見通し。
 日本は0.2ポイントのマイナスでプラス0.3%だった。日本の場合は、離脱問題というよりも、国内的要因と考えた方がよいだろう。消費が停滞していることが響いている。

 中国は、当局による政策対応が効果を発揮していることなどから、0.1ポイント上方修正されプラス6.6%になった。インドは0.1ポイントの下方修正だがプラス7.4%と7%台を維持している。中国景気が多少、好転していることは世界経済に対して安心感を与えている。

 米国が景気後退に陥らず、中国の景気も反転すれば、英国のEU離脱という悪影響があっても、世界経済の状況はそれほど悪化しない可能性もある。離脱問題によって不確実性は高まったものの、今のところ、世界経済は意外と底堅く推移している。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …