ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2016年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%となり、4月時点の見通しから0.1ポイント引き下げられた。
 英国のEU離脱が市場や実体経済に与える影響が考慮され下方修正となった。現時点では、それほど大きなマイナスになるとは予想されておらず、離脱の影響は最小限にとどまる見通し。ただ離脱の影響については10月の見通しでより詳しく分析される予定。

IMF201607
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。さらに7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回の見通しでは、世界経済を牽引する米国の景気に陰りが見え始めていることや、中国の景気失速の影響が続いていることなどから、成長率は0.2ポイント下方修正されていた。

 これまでのところIMFの見立て通りに世界経済は進んでいたが、英国のEU離脱によって不確実性が増すことになった。こうした環境下では投資が抑制される可能性があり、それが実体経済にも影響を及ぼすことが懸念される。今回のアップデートではこうした状況が反映され、さらに0.1ポイントの引き下げにつながった。

 本格的な分析は10月の見通しということになるが、現時点で英国とEUの協定が変化したわけではない。再交渉の結果がはっきりするまでは、実体経済への影響は、あくまで不確実性によるものにとどまることになる。その点では、今回の下方修正は現実的なレベルといってよいだろう。

 国別では、米国が0.2ポイント下方修正されてプラス2.2%に、ユーロ圏については逆に0.1ポイント上方修正されてプラス1.6%になった。このところ欧州の景気は上昇傾向が顕著となっており、これが数字に反映された。ただ2017年については離脱の影響から0.2ポイント下方修正し、プラス1.4%としている。

 英国は0.2ポイント下方修正されプラス1.7%になった。ただ2017年については0.9ポイントの下方修正となっており、プラス1.3%まで下がる見通し。
 日本は0.2ポイントのマイナスでプラス0.3%だった。日本の場合は、離脱問題というよりも、国内的要因と考えた方がよいだろう。消費が停滞していることが響いている。

 中国は、当局による政策対応が効果を発揮していることなどから、0.1ポイント上方修正されプラス6.6%になった。インドは0.1ポイントの下方修正だがプラス7.4%と7%台を維持している。中国景気が多少、好転していることは世界経済に対して安心感を与えている。

 米国が景気後退に陥らず、中国の景気も反転すれば、英国のEU離脱という悪影響があっても、世界経済の状況はそれほど悪化しない可能性もある。離脱問題によって不確実性は高まったものの、今のところ、世界経済は意外と底堅く推移している。

 - 経済 , , ,

  関連記事

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …