ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したことについて韓国内に波紋が広がっている。これまで韓国は、米韓同盟と中国の台頭との間で揺れ動いてきた。THAAD配備は、朝鮮半島の地政学的な情勢だけでなく、アジア地域の経済にも大きな影響を与えるかもしれない。

thaad

 米国と韓国は2016年7月8日、高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」の在韓米軍への配備を決定したと発表した。
 THAADは、米軍が開発した最新鋭のミサイル防衛システム。これまでミサイル防衛システムの中核を担ってきたパトリオットとは異なり、上空50キロから100キロの高度で敵のミサイルを迎撃する(パトリオットは20キロから40キロ)。パトリオットと組み合わせ、より前段階から迎撃を開始することで、全体の防御能力を高めることができる。

 THAADは北朝鮮の中距離核ミサイルから、韓国や在韓米軍を守るためのものだが、この配備に対しては北朝鮮はもちろんのこと、中国も激しく反発してきた。その理由はレーダーの探知範囲にある。

 THAADはXバンドレーダーとセットで運用されるが、このレーダーは約1000キロの探知能力がある。今回配備が決まったのは慶尚北道の星州という場所だが、レーダーを西に向ければ中国沿岸部も探知範囲に含めることが可能となる。
 中国は、THAADの配備は実質的に中国のミサイルを無力化するものと認識しており、韓国に配備を認めないよう圧力をかけていた。韓国国内には、中国に配慮して配備を拒否すべきという意見もあったが、結局は、米韓同盟を優先し、配備に踏み切った。

 韓国は中国との貿易依存度が高く、中国が関税を少し上げただけで韓国経済には大打撃となる。配備の決定後、韓国市場では輸出関連株が大幅に値を下げるなど、中国からの報復を懸念する声が高まっている。

 実際、中国がこうした実力行使に踏み切る可能性は低いが、少なくとも、北朝鮮に対して、中国が圧力をかけなくなる可能性は高い。そうなってくると、北朝鮮と中国の貿易が上向き、韓国と中国の貿易が冷え込むシナリオも考えられる。
 THAADの配備でもっとも困るのは北朝鮮だが、中国から国際秩序に従うよう圧力をかけられることを回避できるのだとしたら、最大の受益者は実は北朝鮮かもしれない。

 一連の地政学的変化は、長期的にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)など、アジア太平洋地域における経済協定の交渉にも影響を与えることになりそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …