ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用する制度を導入する。家賃やリフォーム費用の一部を補填することも検討しているという。

akiya

 全国には空き家が約820万戸あり、この数は20年で1.8倍に増加した。今後は世帯数の減少が予想されるため、さらに空き家が増えると予想されている。
 一方、公営住宅は216万戸あるが、年金しか収入源がない低所得者が増えていることから入居しにくい状況が続いている。東京の公営住宅の倍率は22.8倍、全国平均でも5.8倍とかなり高い。今後は年金生活者の割合がさらに増加するので、公営住宅は確実に不足するが、総人口は減少しているので、新規に公営住宅を建設することも難しい。

 こうした状況を解決するための手段のひとつが空き家の活用ということになる。具体的には、空き家を登録するシステムの整備、家賃の一部補助など入居者の負担軽減策、所有者が実施するリフォーム代金の補助制度などが検討されている。

 日本のこれまでの住宅行政は、基本的に新築に大きく偏っていた。住宅着工を促進させることで経済のかさ上げをするという途上国型の政策からなかなか抜け出せなかったのである。日本の住宅流通市場における中古住宅の割合はわずか13%しかないが、欧米各国はまったく逆で、圧倒的に中古住宅のシェアが高い。

 中古が軽視されるため資産価値が生まれず、これによって長期間使用できる良質な住宅が建設されないという悪循環となってきた。中古住宅を活用しようという動きが活発になっているのは、成熟国家としては正しい方向性である。また、低所得者の住宅確保という点でも必要な措置だろう。

 問題はやはり住宅の質にありそうだ。日本の住宅の質は極めて低く、特に空き家になった家の中にはリフォームしても住むことが困難というものも少なくない。
 基準を緩め過ぎると悪質が住宅が提供され、厳しくしすぎると物件が減ってしまうリスクがある。安価な住宅の提供を優先しつつも、うまくバランスを取るという微妙な舵取りが要求される。

 また税制との整合性も重要だろう。現在の税制では、賃貸に出すと相続税の評価額が極めて安くなる。このため採算を考えずに新築アパートを建設するケースが後を絶たず、これが過剰な住宅供給の一因にもなっている。
 空き家対策と同時に、新築の抑制策も進めていないかと、いつまで経っても粗末な住宅ばかりという状況から脱却できないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …