ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用する制度を導入する。家賃やリフォーム費用の一部を補填することも検討しているという。

akiya

 全国には空き家が約820万戸あり、この数は20年で1.8倍に増加した。今後は世帯数の減少が予想されるため、さらに空き家が増えると予想されている。
 一方、公営住宅は216万戸あるが、年金しか収入源がない低所得者が増えていることから入居しにくい状況が続いている。東京の公営住宅の倍率は22.8倍、全国平均でも5.8倍とかなり高い。今後は年金生活者の割合がさらに増加するので、公営住宅は確実に不足するが、総人口は減少しているので、新規に公営住宅を建設することも難しい。

 こうした状況を解決するための手段のひとつが空き家の活用ということになる。具体的には、空き家を登録するシステムの整備、家賃の一部補助など入居者の負担軽減策、所有者が実施するリフォーム代金の補助制度などが検討されている。

 日本のこれまでの住宅行政は、基本的に新築に大きく偏っていた。住宅着工を促進させることで経済のかさ上げをするという途上国型の政策からなかなか抜け出せなかったのである。日本の住宅流通市場における中古住宅の割合はわずか13%しかないが、欧米各国はまったく逆で、圧倒的に中古住宅のシェアが高い。

 中古が軽視されるため資産価値が生まれず、これによって長期間使用できる良質な住宅が建設されないという悪循環となってきた。中古住宅を活用しようという動きが活発になっているのは、成熟国家としては正しい方向性である。また、低所得者の住宅確保という点でも必要な措置だろう。

 問題はやはり住宅の質にありそうだ。日本の住宅の質は極めて低く、特に空き家になった家の中にはリフォームしても住むことが困難というものも少なくない。
 基準を緩め過ぎると悪質が住宅が提供され、厳しくしすぎると物件が減ってしまうリスクがある。安価な住宅の提供を優先しつつも、うまくバランスを取るという微妙な舵取りが要求される。

 また税制との整合性も重要だろう。現在の税制では、賃貸に出すと相続税の評価額が極めて安くなる。このため採算を考えずに新築アパートを建設するケースが後を絶たず、これが過剰な住宅供給の一因にもなっている。
 空き家対策と同時に、新築の抑制策も進めていないかと、いつまで経っても粗末な住宅ばかりという状況から脱却できないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

google2014
グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …