ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用する制度を導入する。家賃やリフォーム費用の一部を補填することも検討しているという。

akiya

 全国には空き家が約820万戸あり、この数は20年で1.8倍に増加した。今後は世帯数の減少が予想されるため、さらに空き家が増えると予想されている。
 一方、公営住宅は216万戸あるが、年金しか収入源がない低所得者が増えていることから入居しにくい状況が続いている。東京の公営住宅の倍率は22.8倍、全国平均でも5.8倍とかなり高い。今後は年金生活者の割合がさらに増加するので、公営住宅は確実に不足するが、総人口は減少しているので、新規に公営住宅を建設することも難しい。

 こうした状況を解決するための手段のひとつが空き家の活用ということになる。具体的には、空き家を登録するシステムの整備、家賃の一部補助など入居者の負担軽減策、所有者が実施するリフォーム代金の補助制度などが検討されている。

 日本のこれまでの住宅行政は、基本的に新築に大きく偏っていた。住宅着工を促進させることで経済のかさ上げをするという途上国型の政策からなかなか抜け出せなかったのである。日本の住宅流通市場における中古住宅の割合はわずか13%しかないが、欧米各国はまったく逆で、圧倒的に中古住宅のシェアが高い。

 中古が軽視されるため資産価値が生まれず、これによって長期間使用できる良質な住宅が建設されないという悪循環となってきた。中古住宅を活用しようという動きが活発になっているのは、成熟国家としては正しい方向性である。また、低所得者の住宅確保という点でも必要な措置だろう。

 問題はやはり住宅の質にありそうだ。日本の住宅の質は極めて低く、特に空き家になった家の中にはリフォームしても住むことが困難というものも少なくない。
 基準を緩め過ぎると悪質が住宅が提供され、厳しくしすぎると物件が減ってしまうリスクがある。安価な住宅の提供を優先しつつも、うまくバランスを取るという微妙な舵取りが要求される。

 また税制との整合性も重要だろう。現在の税制では、賃貸に出すと相続税の評価額が極めて安くなる。このため採算を考えずに新築アパートを建設するケースが後を絶たず、これが過剰な住宅供給の一因にもなっている。
 空き家対策と同時に、新築の抑制策も進めていないかと、いつまで経っても粗末な住宅ばかりという状況から脱却できないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …