ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用する制度を導入する。家賃やリフォーム費用の一部を補填することも検討しているという。

akiya

 全国には空き家が約820万戸あり、この数は20年で1.8倍に増加した。今後は世帯数の減少が予想されるため、さらに空き家が増えると予想されている。
 一方、公営住宅は216万戸あるが、年金しか収入源がない低所得者が増えていることから入居しにくい状況が続いている。東京の公営住宅の倍率は22.8倍、全国平均でも5.8倍とかなり高い。今後は年金生活者の割合がさらに増加するので、公営住宅は確実に不足するが、総人口は減少しているので、新規に公営住宅を建設することも難しい。

 こうした状況を解決するための手段のひとつが空き家の活用ということになる。具体的には、空き家を登録するシステムの整備、家賃の一部補助など入居者の負担軽減策、所有者が実施するリフォーム代金の補助制度などが検討されている。

 日本のこれまでの住宅行政は、基本的に新築に大きく偏っていた。住宅着工を促進させることで経済のかさ上げをするという途上国型の政策からなかなか抜け出せなかったのである。日本の住宅流通市場における中古住宅の割合はわずか13%しかないが、欧米各国はまったく逆で、圧倒的に中古住宅のシェアが高い。

 中古が軽視されるため資産価値が生まれず、これによって長期間使用できる良質な住宅が建設されないという悪循環となってきた。中古住宅を活用しようという動きが活発になっているのは、成熟国家としては正しい方向性である。また、低所得者の住宅確保という点でも必要な措置だろう。

 問題はやはり住宅の質にありそうだ。日本の住宅の質は極めて低く、特に空き家になった家の中にはリフォームしても住むことが困難というものも少なくない。
 基準を緩め過ぎると悪質が住宅が提供され、厳しくしすぎると物件が減ってしまうリスクがある。安価な住宅の提供を優先しつつも、うまくバランスを取るという微妙な舵取りが要求される。

 また税制との整合性も重要だろう。現在の税制では、賃貸に出すと相続税の評価額が極めて安くなる。このため採算を考えずに新築アパートを建設するケースが後を絶たず、これが過剰な住宅供給の一因にもなっている。
 空き家対策と同時に、新築の抑制策も進めていないかと、いつまで経っても粗末な住宅ばかりという状況から脱却できないだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

hakukirai
中国最大の汚職事件の中心人物、薄熙来氏が起訴。だがせいぜい禁固刑との噂

 かつて中国、重慶市のトップとして君臨し、政治局常務委員入りが確実といわれながら …

obama201405
ナイジェリア女生徒拉致事件が、米国の政局に微妙な影響を与える可能性

 ナイジェリアで発生したイスラム過激派組織による女子生徒集団拉致事件が、米国政治 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …