ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半期連続の大幅減収となったが、市場予想を上回ったことから、時間外取引における株価はむしろ上昇した。
 一方、ヤフーからネット事業を買収すると発表したベライゾンの株価はニュースにほとんど反応しなかった。ITは完全にコモディティ・ビジネスという位置付けになっているのかもしれない。

apple2016q3
 アップルの2016年6月期の決算は、売上高が前年同期比14.6%減の423億5800万ドル(4兆4000億円)、純利益が26.9%減の77億9600万ドル(8100億円)だった。2四半期連続の大幅な減収減益であり、これまでの快進撃と比較するとボロボロの決算といってよい。

 日本を除くすべての地域で大幅な減収となっており、特に中国市場は33%ものマイナスとなった。主力の北米市場も11%減である。iPhoneが持つプレミア感は、日本以外の地域では完全に剥落した状況となっており、アップルは普通のスマホ・メーカーになりつつある。同社を特別視しているのは、もはや日本人だけのようである。

 もっとも市場はこうした事態をすでに織り込んでおり、今期も大幅な減収減益と予想する声が多かった。市場予想よりも実際の決算が良好だったことから、時間外取引では、むしろ株価が上昇している。

 一方、経営不振が続くヤフーのネット事業は、最終的にはベライゾンに48億3000万ドル(約5000億円)で売却されることが決まった。ヤフーはこれによって、ヤフージャパンやアリババなどを保有するだけの投資会社になり、社名も変更される予定である。

 ベライゾンの株価は買収の発表でも大きく動かず、翌日に大幅減収(前年同期比でマイナス83%)の決算を発表すると株価は2%も下落した。市場はヤフーの売却について事実上無視したと考えてよいだろう。ベライゾンの決断については「中年の危機」と皮肉る声も出る始末だ。

 一連の株価の動きを見ると、市場はもはやITを特別視していないことが分かる。ITビジネスのコモディティ化は以前から指摘されてきただが、これが名実共にはっきりしてきたということだろう。
 IT業界が以前のような盛り上がりを見せるためには、人工知能など新しいテクノロジーが普及し、次のパラダイム・シフトが明確になる必要がある。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …