ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半期連続の大幅減収となったが、市場予想を上回ったことから、時間外取引における株価はむしろ上昇した。
 一方、ヤフーからネット事業を買収すると発表したベライゾンの株価はニュースにほとんど反応しなかった。ITは完全にコモディティ・ビジネスという位置付けになっているのかもしれない。

apple2016q3
 アップルの2016年6月期の決算は、売上高が前年同期比14.6%減の423億5800万ドル(4兆4000億円)、純利益が26.9%減の77億9600万ドル(8100億円)だった。2四半期連続の大幅な減収減益であり、これまでの快進撃と比較するとボロボロの決算といってよい。

 日本を除くすべての地域で大幅な減収となっており、特に中国市場は33%ものマイナスとなった。主力の北米市場も11%減である。iPhoneが持つプレミア感は、日本以外の地域では完全に剥落した状況となっており、アップルは普通のスマホ・メーカーになりつつある。同社を特別視しているのは、もはや日本人だけのようである。

 もっとも市場はこうした事態をすでに織り込んでおり、今期も大幅な減収減益と予想する声が多かった。市場予想よりも実際の決算が良好だったことから、時間外取引では、むしろ株価が上昇している。

 一方、経営不振が続くヤフーのネット事業は、最終的にはベライゾンに48億3000万ドル(約5000億円)で売却されることが決まった。ヤフーはこれによって、ヤフージャパンやアリババなどを保有するだけの投資会社になり、社名も変更される予定である。

 ベライゾンの株価は買収の発表でも大きく動かず、翌日に大幅減収(前年同期比でマイナス83%)の決算を発表すると株価は2%も下落した。市場はヤフーの売却について事実上無視したと考えてよいだろう。ベライゾンの決断については「中年の危機」と皮肉る声も出る始末だ。

 一連の株価の動きを見ると、市場はもはやITを特別視していないことが分かる。ITビジネスのコモディティ化は以前から指摘されてきただが、これが名実共にはっきりしてきたということだろう。
 IT業界が以前のような盛り上がりを見せるためには、人工知能など新しいテクノロジーが普及し、次のパラダイム・シフトが明確になる必要がある。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …