ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。

 英政府は英国の中央銀行であるイングランド銀行の次期総裁として、現カナダ銀行(中央銀行)総裁のマーク・カーニー氏を任命すると発表した。カーニー総裁は来年5月まで現職を務め、7月に英中銀の新総裁に就任する。任期は5年の予定。

 カーニー氏は、米投資銀行のゴールドマン・サックス・グループに10年余り在籍。その後2003年にカナダ中銀に入行、2008年に同中銀の総裁に就任した。現在、金融安定化理事会(FSB)の議長も務めている。金融における実務経験が極めて豊富で、英中銀の次期総裁に最適と判断された。
 市場関係者は外国人の登用に驚いているが、同時に、有能な人材であれば国籍を問わず内外から人材を獲得する英国政府のスタンスを一様に評価している。

 英政府の決定は、中央銀行の独立性の本質を的確に理解した英断といえよう。英国はインフ目標の導入という金融政策の基本的な戦略については政府が中心となり民意で決定し、その実現手段については中央銀行に一任し、政府は一切口を出さないというスタンスだ。中央銀行は実務を担当するプロ集団であり、そのトップに誰がなるのかはプロとしての能力ですべてが決まる。

 これが本当の中央銀行の独立性である。安倍自民党総裁の日銀に対する発言に批判が高まっているが、中央銀行の独立性について多くの人が本質を理解していない。
 中央銀行の独立性は結構なことだが、実務を執行する能力を最大限に高める努力をしてこそ、独立した権限を持つに値する。能力があれば外国人でもトップとして受け入れるというプロフェッショナリズムが日銀にはあるのだろうか?また信頼するに足る人物であれば、外国人であっても全権限を委ねる覚悟が日本人にあるのだろうか?独立性とはそういうことだ。

 こういったことが出来ず、政府が金融政策に言及することを安直に批判しているだけでは、それは金融政策の独立性でも何でもない。独占的な権利を付与された官僚を利するだけの愚かな行為である。

 - 政治, 経済

  関連記事

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …