ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収益構造が大きく変わったわけではなく、従来のモデルを深掘りした結果である。もう一段の成長フェーズに入ったのか、いよいよ成長が頭打ちなのかは評価が分かれるところだ。

facebookhead

 グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年7月28日、2016年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比21.3%増の215億ドル(約2兆2500億円)、純利益は同24.1%増の48億7700万ドル(約5100億円)だった。

 同社の収益は基本的に広告のクリック数とクリック単価の掛け算で決まる。これまで広告単価は低下の一途を辿っており、クリック数の増加が補う形で増収増益が続いてきた。
 一時は単価の下落が下げ止まったかに見えたが、このところ単価の下落がさらに加速している。一方、広告のクリック数も増加しており、今回の決算もこれに支えられた格好だ。広告の絶対量を増やすゲームをどこまで続けられるかが同社の成長のカギを握る。

 一方、フェイスブックは北米市場への依存がさらに高まった。同社の売上高は前年同期比59.2%増の64億3600万ドル(約6800億円)、純利益は同2.9倍の20億5500万ドル(2100億円)となった。
 北米地域の広告が大幅に伸びたことが好決算の要因だが、北米の利用者数は1年間でわずか6.1%しか伸びていない。アジアなどでは20%近い伸びを示しているが、北米と欧州以外は広告収入に結びついていない。

 当初、同社は北米以外の地域でのマネタイズを志向したが、思うように進まず、北米地域での広告収入強化に舵を切っている。ただ、利用者が増えない中で広告収入を増やすやり方には限度がある。実際、同社幹部も売上が頭打ちになる可能性について言及している。

 グーグルとフェイスブックは、従来の広告に変わる新しい収益源を模索し、投資も行っているが、これらの新規事業が十分に育っているわけではない。両社とも従来路線を深堀することで好決算を達成したが、来期以降も、同じ傾向を維持できる保証はない。

 アップルは2期連続で大幅な減収減益となったが、市場予想を上回ったことから株価は逆に上昇した。このことは、アップルは市場から高成長を期待される企業ではなくなったことを意味している。グーグルとフェイスブックも同じ道を辿るのか、それとも期待成長が大きい状態を維持できるのか。来期以降の決算が注目される。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …