ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投資信託)の買い入れ増額を決定した。国債の追加購入やマイナス金利の拡大は行われず、事実上、緩和を見送った形となった。

kurodasosai

 市場は、今回の金融政策決定会合において日銀が追加緩和に踏み切ると予想していた。おそらく参加者の8割以上が追加緩和を見込んでいたはずである。ところがフタを開けてみると、追加緩和もマイナス金利拡大も行われず、金融政策とは直接関係しないETFの購入拡大を決めただけだった。
 さらに不可解なことに、次回の金融政策決定会合において「物価動向や政策の効果について総合的な検証を行う」と意味不明の方針が発表された。

 市場ではこの文言の解釈について憶測が飛び交っている。国債購入枠の拡大など追加緩和を示唆している、物価目標の見直しなど量的緩和策の長期間戦略化を示しているなど、解釈は様々だ。

 いずれにせよ今回の決定によって、日銀が現在の金融政策のあり方について逡巡していることを内外に示してしまった。中央銀行が持つ影響力を低下させることは確実であり、これは失態と解釈して差し支えないだろう。

 仮に次回の会合で追加緩和を決定したとしても、追い込まれての決断であることが明らかになってしまうし、逆に量的緩和策の後退ということになれば、決断に迷っていたことを自ら証明してしまう。
  また、今回の決定について市場が失望することをかなり恐れていたことも分かってしまった。とにかく次回まで期待をつなぎたいというホンネが明らかに垣間見えるからである。

 もっとも実体経済は、すでに量的緩和策の見直しを示唆している。7月29日に発表された6月の消費者物価指数は、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」が何とマイナス0.5%に落ち込んだ。2%の物価目標の達成が不可能であることはほぼ確実である。物価目標の引き下げなど、現実的な対応策を講じないと、中央銀行の信頼性を損ないかねない状況だ。

 国債の買い入れについても、市場では国債が枯渇し始めており、これ以上買い入れ枠を拡大すると、財政ファイナンスにますます近づいてしまう。量的緩和策を長期戦に持ち込むためには、購入枠の縮小など現実的な対応が必要だろう。

 次回の会合で、こうした戦略転換が発表されるのだとしたら、日本経済はいよいよ大きな転換点を迎えることになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

misairuhikaku
北朝鮮が打ち上げた「銀河3号」と韓国のロケット「羅老号」はどう違うのか?

 北朝鮮が打ち上げた長距離弾道ミサイルについて、打ち上げプロジェクトは基本的に成 …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

northkorea
北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステ …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …