ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投資信託)の買い入れ増額を決定した。国債の追加購入やマイナス金利の拡大は行われず、事実上、緩和を見送った形となった。

kurodasosai

 市場は、今回の金融政策決定会合において日銀が追加緩和に踏み切ると予想していた。おそらく参加者の8割以上が追加緩和を見込んでいたはずである。ところがフタを開けてみると、追加緩和もマイナス金利拡大も行われず、金融政策とは直接関係しないETFの購入拡大を決めただけだった。
 さらに不可解なことに、次回の金融政策決定会合において「物価動向や政策の効果について総合的な検証を行う」と意味不明の方針が発表された。

 市場ではこの文言の解釈について憶測が飛び交っている。国債購入枠の拡大など追加緩和を示唆している、物価目標の見直しなど量的緩和策の長期間戦略化を示しているなど、解釈は様々だ。

 いずれにせよ今回の決定によって、日銀が現在の金融政策のあり方について逡巡していることを内外に示してしまった。中央銀行が持つ影響力を低下させることは確実であり、これは失態と解釈して差し支えないだろう。

 仮に次回の会合で追加緩和を決定したとしても、追い込まれての決断であることが明らかになってしまうし、逆に量的緩和策の後退ということになれば、決断に迷っていたことを自ら証明してしまう。
  また、今回の決定について市場が失望することをかなり恐れていたことも分かってしまった。とにかく次回まで期待をつなぎたいというホンネが明らかに垣間見えるからである。

 もっとも実体経済は、すでに量的緩和策の見直しを示唆している。7月29日に発表された6月の消費者物価指数は、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」が何とマイナス0.5%に落ち込んだ。2%の物価目標の達成が不可能であることはほぼ確実である。物価目標の引き下げなど、現実的な対応策を講じないと、中央銀行の信頼性を損ないかねない状況だ。

 国債の買い入れについても、市場では国債が枯渇し始めており、これ以上買い入れ枠を拡大すると、財政ファイナンスにますます近づいてしまう。量的緩和策を長期戦に持ち込むためには、購入枠の縮小など現実的な対応が必要だろう。

 次回の会合で、こうした戦略転換が発表されるのだとしたら、日本経済はいよいよ大きな転換点を迎えることになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

jieiken
集団的自衛権行使容認に向けた実務作業がスタート。憲法改正論議に与える影響は?

 安倍政権が集団的自衛権行使を容認するための本格的な作業に着手した。半年以上開催 …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …