ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月29日、2015年度の運用実績を発表した。収益額は5兆3098億円の赤字、収益率はマイナス3.81%となった。昨年後半から続いた株安の影響を受けた形になった。

monhiru

 以前の公的年金は安定運用を優先するという立場から、資産のほとんどを国債で運用してきた。しかし安倍政権はGPIFの運用方針を抜本的に見直し、株式を中心としたリスク運用へと転換した。これによって公的年金の運用収益は基本的に株価に連動することになった。

 2015年度は日経平均株価が約13%下落し、ダウ平均株価はほぼ横ばいだった。GPIFのポートフォリオから考えると4兆円から5兆円の損失が出る計算であり、今回の実績はほぼ予想通りということになる。
 GPIFは運用資産の総額が130兆円に達しており、日本株だけでも30兆円の規模がある。よほど変わった運用をしない限り、GPIFの運用成績は市場全体の動きに近くなる。今回の損失が5兆円強だったということは、GPIFの運用はごく普通であり、特に上手でもなく、下手でもないと解釈してよいだろう。

 ただ、公的年金をこうしたリスク運用に振り向けて良いのかについては大いに疑問がある。GPIFは今回の損失公表にあたり、年金は長期的視点に基づくものであり、累積評価が重要と強調している。だが現在の日本の公的年金が置かれた状況を考えるとその評価方法は適切とはいえない。

 日本の公的年金は受給者への支払が、現役世代からの徴収額をはるかに上回っており、毎年の収支が赤字になっている。この赤字を埋め合わせるため、安部政権はよりリスクの高い株式投資への転換を行った。
 GPIFは投資によって毎年得られた収益の一部を、赤字の埋め合わせのため年金特別会計に返さなければならない。つまり累積での収益ではなく、毎期の収益がむしろ重要なのである。

 2015年度は5兆円の赤字を出しているのだから、本来であれば年金特別会計に支払うお金はないはずである。だが2015年度も2750億円が特別会計に支払われ、受給者への支払いに消えた。
 将来、リーマンンショックのような大幅な株価下落が発生した場合には、年金の受給額が減少する可能性もゼロではない。年金財政の赤字を埋め合わせるために、積立金をリスク投資に回してよいのかついては、もっと国民的な議論が必要だったはずだ。

 ちなみに諸外国の公的年金のほとんどは国債で運用されており、株式などのリスク資産は投資対象となっていない(民間の年金は様々)。また日本の公務員年金を運用する国家公務員共済(KKR)は、リスク資産へのシフトを表明しているが、今のところ国債中心の安全運用を維持している(今後のポートフォリオについては不明)。
 今のところ、日本の民間人だけが果敢にリスクに挑む構造だが、これは本当に日本国民が望んだ姿なのだろうか。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …