ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけを見れば第2次安倍政権発足以後、最大規模ということになるが、実質的には小規模な対策にとどまった。日銀の量的緩和策が限界に近づきつつある中、大型の財政出動を行いたいというのが安倍首相のホンネだろうが、財政問題が重くのしかかる。

abe20160802

 安倍政権は、発足直後の2013年1月に予算規模10.2兆円、事業規模20.2兆円という大型の経済対策を打ち出した。しかし、その後の経済対策は年々規模が小さくなり、2013年12月に発表した経済対策の事業規模は18.6兆円に、2015年1月の対策は3.5兆円に、同年12月の対策は3.3兆円にとどまっている。

 事業規模という点で考えると久々の大型景気対策ということになるが、実態はかなり異なる。事業規模そのものは大きいものの、実際に政府が支出する金額、いわゆる真水の額が小さいからである。

 経済対策の中に民間の支出や融資などの金額が含まれていても、これらが必ずしもGDP(国内総生産)を押し上げるとは限らない。民間の支出の中にはもともと支出が決まっていたものが含まれている可能性あるほか、融資の場合には実行されないケースもあるからだ。GDPの定義上、確実に経済を押し上げるのは政府支出ということになるので、多くの人が真水の金額にこだわっている。

 今回の経済対策のうち、純粋な政府支出は約6兆円にとどまっており(地方分を合わせると7兆円)、確実に効果が見込めるのは基本的にこの部分しかない。政府ではGDPを1.3%押し上げる効果があると説明しているが、現在のGDPの水準において1.3%というと約6兆円である。つまり政府も最初からこの部分しか効果がないということを分かっているのだ。

 しかもこの6兆円の支払いについても少々注意が必要だ。6兆円のうち2016年度2次補正予算で対応するのは約4兆円で、残りの2兆円は2017年度予算で手当される。つまり、残りの2兆円は即効性が期待できない。

 日銀は7月29日の金融政策決定会合において、事実上、追加緩和を見送った。次回の会合で物価や政策の効果について検証するという不可解な説明もあり、量的緩和策の効果について迷いが生じていることが明らかになってしまった。

 目先、景気を浮揚させるのは財政に頼るしかない状況だが、消費増税の再延期を決定したばかりであり、財源が決定的に不足している。今回の補正予算には建設国債が充当されるが、2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化させるという政府公約を破棄しない限り、大型の財政出動を実施することは難しいだろう。

 だが無理に財政拡大に突き進めば、将来の金利上昇リスクを高めてしまう。進むにも進めず、かといって後退もできない状況に陥りつつある。
 見かけの金額の大きさとは正反対に、小粒な内容に終始した今回の経済対策は、日本が置かれている状況を如実に反映したものといってよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

mof03
財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消 …