ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」を開始した。米国などではすでに同様のサービスがスタートしており、日本は12カ国目になる。
 音楽の分野では、定額の聴き放題サービスの登場で市場の構造が劇的に変化した。だが日本だけはいまだにCDの販売が中心で、世界市場から完全に取り残された状態にある。書籍の分野で読み放題が定着するのか市場関係者は注目している。

kindleunkimited

 キンドルアンリミテッドは、月額980年で12万冊以上の書籍やコミック、240誌以上の雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題になる。キンドルでは46万冊の和書が販売されているので、全体の約4分の1が読み放題の対象となった。

 ベストセラーの作品も含まれており、たくさん本を読む人にとってはかなりの割安感がある。ただ、発売から半年以内の作品はほとんどなく、このあたりをどう考えるかが利用者にとっては分かれ目となりそうだ。コミックについては人気作品の一部だけに限定して読み放題とし、続きの購入を促す形となった。

 アマゾンは以前から日本でも読み放題のサービスを提供することを目論んでいたが、出版社との交渉が難航したといわれている。有力な出版社が参加しない状態では、中途半端なサービスに終わってしまうからである。

 最終的には、講談社と小学館という出版業界でもっとも影響力のある最大手2社が参加したほか、文芸春秋、新潮社、幻冬舎の文芸有力3社も名前を連ねた。ビジネス分野ではダイヤモンド社、東洋経済新報社が参加しており、読み放題のプラットフォームとしてはまずまずの滑り出しといってよいだろう。ただ小学館系列(一ツ橋グループ)では集英社が参加していないほか、KADOKAWAも参加を見送った。

 音楽業界では定額聴き放題サービスの先駆けとなったスポティファイが、レコード会社各社との交渉がまとまらず日本に進出できないという異常事態になっている。国内では数社が聴き放題のサービスを提供しているが、曲数が少なく、十分に普及しているとは言い難い状態だ。

 その点でアマゾンジャパンは、大手との交渉をうまくまとめており、音楽業界のような形にはならない可能性が高い。読み放題サービスの定着は、読書の習慣や購買行動を大きく変えるといわれている。日本での今後の展開が注目される。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

googlehead
Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …