ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」を開始した。米国などではすでに同様のサービスがスタートしており、日本は12カ国目になる。
 音楽の分野では、定額の聴き放題サービスの登場で市場の構造が劇的に変化した。だが日本だけはいまだにCDの販売が中心で、世界市場から完全に取り残された状態にある。書籍の分野で読み放題が定着するのか市場関係者は注目している。

kindleunkimited

 キンドルアンリミテッドは、月額980年で12万冊以上の書籍やコミック、240誌以上の雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題になる。キンドルでは46万冊の和書が販売されているので、全体の約4分の1が読み放題の対象となった。

 ベストセラーの作品も含まれており、たくさん本を読む人にとってはかなりの割安感がある。ただ、発売から半年以内の作品はほとんどなく、このあたりをどう考えるかが利用者にとっては分かれ目となりそうだ。コミックについては人気作品の一部だけに限定して読み放題とし、続きの購入を促す形となった。

 アマゾンは以前から日本でも読み放題のサービスを提供することを目論んでいたが、出版社との交渉が難航したといわれている。有力な出版社が参加しない状態では、中途半端なサービスに終わってしまうからである。

 最終的には、講談社と小学館という出版業界でもっとも影響力のある最大手2社が参加したほか、文芸春秋、新潮社、幻冬舎の文芸有力3社も名前を連ねた。ビジネス分野ではダイヤモンド社、東洋経済新報社が参加しており、読み放題のプラットフォームとしてはまずまずの滑り出しといってよいだろう。ただ小学館系列(一ツ橋グループ)では集英社が参加していないほか、KADOKAWAも参加を見送った。

 音楽業界では定額聴き放題サービスの先駆けとなったスポティファイが、レコード会社各社との交渉がまとまらず日本に進出できないという異常事態になっている。国内では数社が聴き放題のサービスを提供しているが、曲数が少なく、十分に普及しているとは言い難い状態だ。

 その点でアマゾンジャパンは、大手との交渉をうまくまとめており、音楽業界のような形にはならない可能性が高い。読み放題サービスの定着は、読書の習慣や購買行動を大きく変えるといわれている。日本での今後の展開が注目される。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

takedashacho
武田が外国人を次期社長に指名。外国人トップはうまくいかないというジンクスを覆す?

 武田薬品工業は11月30日、英グラクソスミスクラインでワクチン事業を統括してき …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …