ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」を開始した。米国などではすでに同様のサービスがスタートしており、日本は12カ国目になる。
 音楽の分野では、定額の聴き放題サービスの登場で市場の構造が劇的に変化した。だが日本だけはいまだにCDの販売が中心で、世界市場から完全に取り残された状態にある。書籍の分野で読み放題が定着するのか市場関係者は注目している。

kindleunkimited

 キンドルアンリミテッドは、月額980年で12万冊以上の書籍やコミック、240誌以上の雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題になる。キンドルでは46万冊の和書が販売されているので、全体の約4分の1が読み放題の対象となった。

 ベストセラーの作品も含まれており、たくさん本を読む人にとってはかなりの割安感がある。ただ、発売から半年以内の作品はほとんどなく、このあたりをどう考えるかが利用者にとっては分かれ目となりそうだ。コミックについては人気作品の一部だけに限定して読み放題とし、続きの購入を促す形となった。

 アマゾンは以前から日本でも読み放題のサービスを提供することを目論んでいたが、出版社との交渉が難航したといわれている。有力な出版社が参加しない状態では、中途半端なサービスに終わってしまうからである。

 最終的には、講談社と小学館という出版業界でもっとも影響力のある最大手2社が参加したほか、文芸春秋、新潮社、幻冬舎の文芸有力3社も名前を連ねた。ビジネス分野ではダイヤモンド社、東洋経済新報社が参加しており、読み放題のプラットフォームとしてはまずまずの滑り出しといってよいだろう。ただ小学館系列(一ツ橋グループ)では集英社が参加していないほか、KADOKAWAも参加を見送った。

 音楽業界では定額聴き放題サービスの先駆けとなったスポティファイが、レコード会社各社との交渉がまとまらず日本に進出できないという異常事態になっている。国内では数社が聴き放題のサービスを提供しているが、曲数が少なく、十分に普及しているとは言い難い状態だ。

 その点でアマゾンジャパンは、大手との交渉をうまくまとめており、音楽業界のような形にはならない可能性が高い。読み放題サービスの定着は、読書の習慣や購買行動を大きく変えるといわれている。日本での今後の展開が注目される。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …