ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」を開始した。米国などではすでに同様のサービスがスタートしており、日本は12カ国目になる。
 音楽の分野では、定額の聴き放題サービスの登場で市場の構造が劇的に変化した。だが日本だけはいまだにCDの販売が中心で、世界市場から完全に取り残された状態にある。書籍の分野で読み放題が定着するのか市場関係者は注目している。

kindleunkimited

 キンドルアンリミテッドは、月額980年で12万冊以上の書籍やコミック、240誌以上の雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題になる。キンドルでは46万冊の和書が販売されているので、全体の約4分の1が読み放題の対象となった。

 ベストセラーの作品も含まれており、たくさん本を読む人にとってはかなりの割安感がある。ただ、発売から半年以内の作品はほとんどなく、このあたりをどう考えるかが利用者にとっては分かれ目となりそうだ。コミックについては人気作品の一部だけに限定して読み放題とし、続きの購入を促す形となった。

 アマゾンは以前から日本でも読み放題のサービスを提供することを目論んでいたが、出版社との交渉が難航したといわれている。有力な出版社が参加しない状態では、中途半端なサービスに終わってしまうからである。

 最終的には、講談社と小学館という出版業界でもっとも影響力のある最大手2社が参加したほか、文芸春秋、新潮社、幻冬舎の文芸有力3社も名前を連ねた。ビジネス分野ではダイヤモンド社、東洋経済新報社が参加しており、読み放題のプラットフォームとしてはまずまずの滑り出しといってよいだろう。ただ小学館系列(一ツ橋グループ)では集英社が参加していないほか、KADOKAWAも参加を見送った。

 音楽業界では定額聴き放題サービスの先駆けとなったスポティファイが、レコード会社各社との交渉がまとまらず日本に進出できないという異常事態になっている。国内では数社が聴き放題のサービスを提供しているが、曲数が少なく、十分に普及しているとは言い難い状態だ。

 その点でアマゾンジャパンは、大手との交渉をうまくまとめており、音楽業界のような形にはならない可能性が高い。読み放題サービスの定着は、読書の習慣や購買行動を大きく変えるといわれている。日本での今後の展開が注目される。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …