ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相や幹事長の内田茂都議らの辞任を決定した。推薦なしで都知事選に臨んだ小池百合子氏知事が当選したことについて責任を取った形だが、都連と小池氏の対立が解消されたわけではない。
 特に都議会のドンともいわれる幹事長の内田氏は、落選中も幹事長の椅子に座り続けた人物であり、今後、何らかの形で巻き返しを図る可能性が高い。

koikeyuriko02
 都連は今回の選挙で増田寛也元総務相の推薦を決定したことから、与党は分裂選挙となった。都連は党員に対し、親族も含め増田氏以外の候補を応援した場合は除名処分にするという過激な文書を送るなど締め付けを強めた。
 小池氏は都議会のこうした強権的な体質や不透明性をうまく突き、無党派層を多数取り込む形で圧勝した。特にヤリ玉にあがったのが幹事長の内田氏である。

 内田氏は1975年に千代田区議に当選して以降、40年以上にわたって区議や都議を務めてきた。1996年から都連幹事長の椅子に座り続けており(都議会議長就任期間を除く)、都政に大きな影響力を行使してきた。

 都連幹事長はあまりメディアに取り上げられることはないが、その権力は絶大である。都の予算は14兆円近く(特別会計など含む)に達する巨額なものだが、予算配分における利害調整を一手に引き受けているほか、都知事選における公認や東京都選出の国会議員の公認についても、実質的に決定権を握っているといってよい。幹事長の協力がなければ都知事は何もできないとまで言われていた。

 小池氏はこうした閉鎖的な体質にメスを入れるとしているが、おそらく都連側も黙ってはいないだろう。このままの状態では議会の協力を得られず、都政は停滞する可能性が高い。

 小池氏サイドからは来年の都議選に合わせて小池新党を作るというウルトラCも聞こえてくる。真偽の程は定かではないが、そのくらいのことをやらないと、現実的に都連を切り崩すことは難しいだろう。
 だがそこまでの動きというとになると、とても小池氏一人で画策できる話ではない。一部のメディアでは、小池氏の背後には小泉純一郎元首相や石破茂前地方創生相らがいると指摘している。小池新党というところまで話が進むのだとすると、そこには安倍政権崩壊後をにらんだ政局の匂いがしてくる。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …