ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する。退位という言葉は直接用いないものの、皇太子様への譲位についてご自身の考え方を示される。
 陛下は高齢であるため以前から何度も退位の意向を周辺に示していたといわれるが、安倍政権側の対応は鈍かった。その理由は、憲法改正のスケジュールと安倍政権の支持層にあるといわれる。

tennoheika04

 現在の皇室典範では生前退位について規定がなく、これを実現するためには皇室典範を改正する必要がある。以前、小泉首相は女性天皇の可否も含め、皇室典範の改正を打ち出したことがあったが、議論は大混乱となり結局立ち消えになってしまったという経緯がある。
 このタイミングで皇室典範を議論するということになると、当分の間はこのテーマに忙殺されることになる。憲法改正を急ぎたい安倍政権が、皇室典範の議論を嫌ったとしても不思議ではない。

 また一部の安倍政権支持層は皇室典範の改正や陛下の退位そのものに反対しているといわれる。このタイミングで皇室典範を改正するとなると、当然、女性天皇の可否について議論を行う必要が出てくる。
 日本はもともと女性天皇を認めているが、明治になって突然その方針が変わり、現在の皇室典範では女性天皇は認めていない。安倍政権支持層の一部は、明治以降の慣習を絶対視しており、女性天皇に関する議論そのものを嫌悪している。

 陛下がマスコミへのリークというイレギュラーな形でご意向を表明する形になったのも、このままでは生前退位の話がなかったことにされてしまうとの危機感からと考えられる。
 実際、陛下がご意向を表明された直後の政府関係者の発言はかなり冷淡であった。安倍首相は「コメンとを差し控える」と発言し、宮内庁幹部に至っては「そのような事実はない」とまで言い切っている。

 民主憲法の制定によって天皇は国民の象徴となり、政治とは切り離された。しかし、天皇陛下は国会の招集を行うなど、国家元首としての役割が明確に憲法に示されている(国事行為)。民主国家における国家元首が、自身の進退について意思表明できないということはあってはならない。
 ましてやその理由が特定の政治勢力の意向ということでは、それこそ天皇の政治利用につながってしまう。

 陛下がわざわざこのような形でご意思を示されたということは、今後の皇室のあり方も含め、幅広く国民に議論して欲しいという陛下からのメッセージと捉えるべきだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

obama201403
TPPの妥協点として牛肉が急浮上。背後にはパッケージ・ディールの存在も?

 2014年4月下旬のオバマ大統領来日を控え、TPP(環太平洋パートナーシップ協 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

hashimoto201505
高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日 …