ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5兆円の損失を公表したGPIFがスマートベータ型運用にシフト。果たして儲かるのか?

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する銘柄の公表に踏み切った。GPIFは基本的にTOPIXなどの指数を基準にポートフォリオを組んでいるので、時価総額の大きい主要銘柄が上位に並ぶ。
 ただ前年度からGPIFは超過収益を目指し、指数連動型の運用比率を低下させている。これは吉とでるのだろうか、凶と出るのだろうか。

kabuka
 GPIFが公表したのは2015年3月末時点におけるポートフォリオ。GPIFは以前、指数に連動するパッシブ運用の比率を75%程度まで下げ、逆にアクティブ運用の比率を25%まで高めていた。

 パッシブ運用は、基本的に指数に連動するポートフォリオを組み、市場の成り行きに任せる運用方法である。大きく儲かることもないが、市場の動きを下回る可能性は低い。
 一方、アクティブ運用は、運用者が積極的に銘柄選定などを行い、市場平均を上回るリターンを目指す手法である。アクティブ運用はコストがかかるため、よほど上手な運用でなければ、あまり効率がよくないともいわれる。

 安倍政権がGPIFの運用方針変更に乗り出し、株式中心のポートフォリオに急激にシフトしたことから、GPIFはパッシブ運用の比率を上昇させ、アクティブ運用の比率を下げ始めた。公表対象となった2015年3月末において、パッシブ運用の比率は87%まで上昇している。
 アベノミクスによる円安で株価上昇の確度が高まったことや、株式に30兆円もの資金を投入しているという状況を考えると、リスクの高いアクティブ運用比率を下げた方が合理的と判断した可能性が高い。

 ところがGPIFはその後、パッシブ運用の比率を再び下げ、アクティブ運用にシフトしている。株価が下落し、全体的に収益を上げにくくなっていることが原因と考えられる。2015年度についてはパッシブ運用が82%に低下し、逆にアクティブ運用が18%に上昇した。

 ただ、GPIFは従来型のアクティブ運用に戻しているわけではなく、従来型アクティブ運用とは別枠でスマートベータ型運用へのシフトを進めている。明確な定義はないがスマートベータ型運用は、インデックスに準拠しながらも、従来とは異なる基準で銘柄を選定した運用手法を指す。

 GPIFは詳細を明らかにしていないが、このところ比率を増やしているのは、あえてボラティリティの低い銘柄に集中させる最小分散投資の手法と考えられる。
 このところ量的緩和策やマイナス金利政策で市場が混乱しており、リスク(ボラティリティ)が高いと期待収益も高いという関係が崩れている。歴史的な低金利からリスク資産にお金は向かうものの、リスクの高い銘柄が回避され、結果的に低リスクの銘柄が上昇するという逆説的な状況である。
 このような環境では、低リスク銘柄の比率を上げ、ポートフォリオを絞った方が逆にパフォーマンスがよい。スマートベータ型の運用がうまくいけば、今期、GPIFは市場平均を上回るパフォーマンスを出せるかもしれない。

 問題は市場の潮目にどう対応するかである。市場が大きく変化する前に、運用手法の見直しができればよいが、対応が遅れてしまうと、一気にパフォーマンスが悪化する可能性がある。こうした状況が年金運用にとってよいことなのかは何ともいえないが、株式中心のリスク資産運用に切り替えた以上、こうした悩みは避けて通ることができない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …