ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功した直後、心臓発作で急死していたことが明らかになった。

 死亡したのは、中国航空工業集団傘下の瀋陽飛行機工業集団社長の羅陽氏(51)。羅氏は瀋陽飛行機工業に入社以来、航空機開発一筋のエンジニア。中国では初の空母「遼寧」において使用する艦載機「殲(せん)15」を開発するプロジェクトが進行しているが、羅氏はその開発責任者を務めていた。殲(せん)15はロシア製の戦闘機をベースにしたもので、瀋陽飛行機工業がその改造を請け負っている。

 中国は日本や米国に対する牽制から空母「遼寧」の存在を積極的に外部に宣伝している。艦載機が発着艦できなければ、中国のメンツは丸つぶれになる。まさに国家の威信がかかったプロジェクトであり、失敗が許されない状況であった。羅陽氏には相当のプレッシャーがかかっていたと考えられる。

 実はかつて日本でも似たような状況があった。太平洋戦争前後、ゼロ戦や戦艦大和の開発責任者には尋常ではないプレッシャーがかかっていた。
 ゼロ戦の設計責任者として知られる堀越二郎氏は、東京帝国大学から現在の三菱重工に進んだ航空機エンジニアである。三菱は中島飛行機(現スバル)と共に、日本の戦闘機開発を一手に引き受けていた軍需企業である。今回死亡した羅氏が属する中国航空工業集団とまったく同じ立場ということになる。

 ゼロ戦に対する軍部からのムチャ振りはすさまじく、物理的限界などお構いなしの要求が次々と出されてくる。すべてを盛り込むことなど到底不可能だが、国家の威信をかけたプロジェクトに対して「実現できません」とは口が裂けてもいえない。堀越氏には尋常ではないプレッシャーがかかり、何度もぶっ倒れた。幸い命までは失うことはなかったが、まさに身を削る仕事だったという。

 一方、合理主義的な米国は、墜落したゼロ戦を分解して徹底検証。あまりの緻密さに同じような戦闘機を作るのは非合理的と判断。1対1で勝てないなら、2対1にすればよいということで、ゼロ戦には劣るものの、そこそこの性能の戦闘機を大量生産。ゼロ戦とは必ず2機ペアで戦う戦法を採用して、結局米国側の圧勝となった。

 中国における軍の開発の最前線は、太平洋戦争当時の日本のような状況になっているのかもしれない。だが中国が空母を本格的に運用するためには、まだまだ超えなければならないカベは大きい(本誌記事「中国初の空母遼寧が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?」参照)。それまでには第二、第三の羅陽氏というあらたな犠牲を伴うのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

obama201408
オバマ大統領が夏季休暇直前に、嫌々イラク空爆を決断

 オバマ政権はイラク北部のイスラム過激派に対する限定的な空爆に踏み切った。オバマ …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …