ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功した直後、心臓発作で急死していたことが明らかになった。

 死亡したのは、中国航空工業集団傘下の瀋陽飛行機工業集団社長の羅陽氏(51)。羅氏は瀋陽飛行機工業に入社以来、航空機開発一筋のエンジニア。中国では初の空母「遼寧」において使用する艦載機「殲(せん)15」を開発するプロジェクトが進行しているが、羅氏はその開発責任者を務めていた。殲(せん)15はロシア製の戦闘機をベースにしたもので、瀋陽飛行機工業がその改造を請け負っている。

 中国は日本や米国に対する牽制から空母「遼寧」の存在を積極的に外部に宣伝している。艦載機が発着艦できなければ、中国のメンツは丸つぶれになる。まさに国家の威信がかかったプロジェクトであり、失敗が許されない状況であった。羅陽氏には相当のプレッシャーがかかっていたと考えられる。

 実はかつて日本でも似たような状況があった。太平洋戦争前後、ゼロ戦や戦艦大和の開発責任者には尋常ではないプレッシャーがかかっていた。
 ゼロ戦の設計責任者として知られる堀越二郎氏は、東京帝国大学から現在の三菱重工に進んだ航空機エンジニアである。三菱は中島飛行機(現スバル)と共に、日本の戦闘機開発を一手に引き受けていた軍需企業である。今回死亡した羅氏が属する中国航空工業集団とまったく同じ立場ということになる。

 ゼロ戦に対する軍部からのムチャ振りはすさまじく、物理的限界などお構いなしの要求が次々と出されてくる。すべてを盛り込むことなど到底不可能だが、国家の威信をかけたプロジェクトに対して「実現できません」とは口が裂けてもいえない。堀越氏には尋常ではないプレッシャーがかかり、何度もぶっ倒れた。幸い命までは失うことはなかったが、まさに身を削る仕事だったという。

 一方、合理主義的な米国は、墜落したゼロ戦を分解して徹底検証。あまりの緻密さに同じような戦闘機を作るのは非合理的と判断。1対1で勝てないなら、2対1にすればよいということで、ゼロ戦には劣るものの、そこそこの性能の戦闘機を大量生産。ゼロ戦とは必ず2機ペアで戦う戦法を採用して、結局米国側の圧勝となった。

 中国における軍の開発の最前線は、太平洋戦争当時の日本のような状況になっているのかもしれない。だが中国が空母を本格的に運用するためには、まだまだ超えなければならないカベは大きい(本誌記事「中国初の空母遼寧が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?」参照)。それまでには第二、第三の羅陽氏というあらたな犠牲を伴うのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

kimujonun04
北朝鮮が米国に対して突如、二国間交渉を提案。米側はとりあえず拒否

 北朝鮮の国防委員会報道官は6月16日、重大談話を発表し、米朝の高官による二国間 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …