ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功した直後、心臓発作で急死していたことが明らかになった。

 死亡したのは、中国航空工業集団傘下の瀋陽飛行機工業集団社長の羅陽氏(51)。羅氏は瀋陽飛行機工業に入社以来、航空機開発一筋のエンジニア。中国では初の空母「遼寧」において使用する艦載機「殲(せん)15」を開発するプロジェクトが進行しているが、羅氏はその開発責任者を務めていた。殲(せん)15はロシア製の戦闘機をベースにしたもので、瀋陽飛行機工業がその改造を請け負っている。

 中国は日本や米国に対する牽制から空母「遼寧」の存在を積極的に外部に宣伝している。艦載機が発着艦できなければ、中国のメンツは丸つぶれになる。まさに国家の威信がかかったプロジェクトであり、失敗が許されない状況であった。羅陽氏には相当のプレッシャーがかかっていたと考えられる。

 実はかつて日本でも似たような状況があった。太平洋戦争前後、ゼロ戦や戦艦大和の開発責任者には尋常ではないプレッシャーがかかっていた。
 ゼロ戦の設計責任者として知られる堀越二郎氏は、東京帝国大学から現在の三菱重工に進んだ航空機エンジニアである。三菱は中島飛行機(現スバル)と共に、日本の戦闘機開発を一手に引き受けていた軍需企業である。今回死亡した羅氏が属する中国航空工業集団とまったく同じ立場ということになる。

 ゼロ戦に対する軍部からのムチャ振りはすさまじく、物理的限界などお構いなしの要求が次々と出されてくる。すべてを盛り込むことなど到底不可能だが、国家の威信をかけたプロジェクトに対して「実現できません」とは口が裂けてもいえない。堀越氏には尋常ではないプレッシャーがかかり、何度もぶっ倒れた。幸い命までは失うことはなかったが、まさに身を削る仕事だったという。

 一方、合理主義的な米国は、墜落したゼロ戦を分解して徹底検証。あまりの緻密さに同じような戦闘機を作るのは非合理的と判断。1対1で勝てないなら、2対1にすればよいということで、ゼロ戦には劣るものの、そこそこの性能の戦闘機を大量生産。ゼロ戦とは必ず2機ペアで戦う戦法を採用して、結局米国側の圧勝となった。

 中国における軍の開発の最前線は、太平洋戦争当時の日本のような状況になっているのかもしれない。だが中国が空母を本格的に運用するためには、まだまだ超えなければならないカベは大きい(本誌記事「中国初の空母遼寧が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?」参照)。それまでには第二、第三の羅陽氏というあらたな犠牲を伴うのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

hunterbiden
バイデン副大統領の息子が、ウクライナのガス会社役員に就任

 バイデン米副大統領の息子であるハンター氏が、ウクライナの天然ガス会社であるブリ …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

orando
秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フラ …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …