ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給しているにもかかわらず貸し出しが減ってしまうというのは気になる兆候である。アベノミクスは逆回転を始めた可能性がある。

ginkoyusi

 全国銀行協会は2016年8月5日、7月末時点における貸し出し動向を発表した。それによると全国銀行の貸出金は前年同月比でプラス2.1%だったものの、都市銀行の貸出金は前年同月比でマイナス0.7%となった。都市銀の貸出金がマイナスに転じるのは45カ月ぶりのことである。

 数字がマイナスなったのは7月だが、伸び率の低下はすでに始まっていた。今年の1月までは2%程度を維持していたが、その後は毎月、伸び率が低下。5月は0.4%、6月は0.3%となっており、いつマイナスに転じてもおかしくない状況であった。

 銀行の貸し出しについては日銀も同じような統計を取っている。日銀の7月の結果は、対象となる銀行が一致していないのでマイナスにはなっていないが、今年に入ってから伸び率が急低下している点では同じである。

 これまで銀行の貸し出しはかなりの部分を不動産融資に頼ってきた。アベノミクスによるインフレで不動産価格が上昇しており、ここに銀行の資金が集中していた。ただ、昨年までは非製造業など国内産業を中心にそれなりの資金需要があったことから全体でプラスが維持されていた。

 ところが今年に入って消費の低迷が深刻であることがはっきりしてきたことから、企業は設備投資に慎重になっている。15日に発表された2016年4~6月期GDP(国内総生産)でも設備投資はマイナス0.4%と大きく落ち込んだ。企業が設備投資の資金を借りないので、貸し出し残高も減っていると考えられる。

 今のところ地銀などはプラスを維持しているが、日本の場合、中小企業は大手の下請けになっていることが多く、都市銀の貸し出しが減ると、時間差で地銀の貸し出しも減ってくる可能性が高い。こうした状況で不動産の融資が頭打ちになった場合には、一気に貸し出しが減ってしまうということにもなりかねない。

 日銀は量的緩和策によって毎年80兆円もの資金を金融機関に提供している。それにもかかわらず融資が増えていないということは、場合によってはアベノミクスが逆回転を始めた可能性も考えられる。
 もしそのような状況に陥っているのであれば、日銀は量的緩和策の継続について何らかの方向性を示す必要に迫られるだろう。9月の金融政策決定会合がますます重要な意味を持つようになってきた。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

euuk
EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行 …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …