ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給しているにもかかわらず貸し出しが減ってしまうというのは気になる兆候である。アベノミクスは逆回転を始めた可能性がある。

ginkoyusi

 全国銀行協会は2016年8月5日、7月末時点における貸し出し動向を発表した。それによると全国銀行の貸出金は前年同月比でプラス2.1%だったものの、都市銀行の貸出金は前年同月比でマイナス0.7%となった。都市銀の貸出金がマイナスに転じるのは45カ月ぶりのことである。

 数字がマイナスなったのは7月だが、伸び率の低下はすでに始まっていた。今年の1月までは2%程度を維持していたが、その後は毎月、伸び率が低下。5月は0.4%、6月は0.3%となっており、いつマイナスに転じてもおかしくない状況であった。

 銀行の貸し出しについては日銀も同じような統計を取っている。日銀の7月の結果は、対象となる銀行が一致していないのでマイナスにはなっていないが、今年に入ってから伸び率が急低下している点では同じである。

 これまで銀行の貸し出しはかなりの部分を不動産融資に頼ってきた。アベノミクスによるインフレで不動産価格が上昇しており、ここに銀行の資金が集中していた。ただ、昨年までは非製造業など国内産業を中心にそれなりの資金需要があったことから全体でプラスが維持されていた。

 ところが今年に入って消費の低迷が深刻であることがはっきりしてきたことから、企業は設備投資に慎重になっている。15日に発表された2016年4~6月期GDP(国内総生産)でも設備投資はマイナス0.4%と大きく落ち込んだ。企業が設備投資の資金を借りないので、貸し出し残高も減っていると考えられる。

 今のところ地銀などはプラスを維持しているが、日本の場合、中小企業は大手の下請けになっていることが多く、都市銀の貸し出しが減ると、時間差で地銀の貸し出しも減ってくる可能性が高い。こうした状況で不動産の融資が頭打ちになった場合には、一気に貸し出しが減ってしまうということにもなりかねない。

 日銀は量的緩和策によって毎年80兆円もの資金を金融機関に提供している。それにもかかわらず融資が増えていないということは、場合によってはアベノミクスが逆回転を始めた可能性も考えられる。
 もしそのような状況に陥っているのであれば、日銀は量的緩和策の継続について何らかの方向性を示す必要に迫られるだろう。9月の金融政策決定会合がますます重要な意味を持つようになってきた。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …