ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になっている。年金の運用方針が変わらない限り、この傾向は長期間継続することになり、将来的にはガバナンス上の問題が浮上する可能性がある。

kaishaho

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月、2015年3月末時点において保有する全銘柄と株数を公表した。これまでGPIFは銘柄を公表しておらず、具体的にどの企業の株を買っているのかまでは分からなかった。
 公的年金はTOPIXなどをベンチマークにして運用しており、時価総額の大きさに準じて主要企業の株式を購入している可能性が高いとされていた。実際にフタを開けてみると、やはり時価総額に準じる形で広範囲に株式を取得していた。

 GPIFがもっとも多くの金額を投資していたのは予想通りトヨタ自動車だったが、トヨタについては1億8200万株を取得している。2015年3月末時点におけるトヨタの発行済株式数は約34億1800万株なので、政府はGPIFを通じてトヨタの株を5.3%所有していることになる。

 トヨタの筆頭株主は日本トラスティ・サービス信託銀行で持ち株比率は10.28%、第2位は豊田自動織機で持ち株比率は6.57%、第3位は日本マスタートラスト信託銀行で持ち株比率は4.7%となっている。
 単純な持ち株比率ではGPIFは第3位となるが、筆頭の日本トラスティ・サービス信託銀行はGPIFの株式資産を管理している会社である。同社の持ち分10.28%にはGPIFの持ち分5.3%が含まれている可能性があり、これを考慮すると、場合によってはGPIFが第2位の大株主となっているかもしれない。

 驚きなのが、トヨタに次いで投資金額が大きかったメガバンク2行である。三菱UFJフィナンシャル・グループは持ち株比率が7.7%、三井住友フィナンシャルグループは7.8%となっており、両行ともGPIFが筆頭株主となっている可能性が高い。

 こうした状況を総合すると、日本政府はGPIFを通じて、事実上、日本の主要企業を国有化していることになる。政府が企業を所有してしまうことは、ガバナンス上、大きな問題を引き起こす可能性がある。

 GPIFは基本的に独自運用であり、政府からの介入は受けないことが建前になっているが、現実にはそうはならない。株価が暴落したり、企業の業績が大きく落ち込むようなことになった場合、あるいは政府の施策と企業の戦略が大きく乖離するような状況になった際には、カバナンス上の問題が必ず発生する。

 一方、政府がモノ言わぬ株主として一切経営に関与しない場合はそれはそれで問題である。経営に介入しないことが分かっている大株主に支配された企業は確実に株主からの監視が効かなくなる。放漫経営に走ったり、経営者が私的な利益を追求する可能性は否定できないだろう。

 GPIFの方針転換はあまり深く議論されることなく拙速に進められてきた。だが、政府が事実上の所有者となっているという現実は、今後、何十年にもわたって株式市場に影響を与え続ける。何が問題が発生してからパニック的な大騒ぎにならないことを祈るばかりだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …