ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキングホリデー」制度の立ち上げを検討している。だが、同制度に対しては「意味不明」「ワーキングホリデーの主旨を履き違えている」などの批判が殺到している。

nougyouyushutu

 ふるさとワーキングホリデーとは、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働くことを支援する制度。都道府県ごとに数百人程度を受け入れ、1週間から1カ月ほど、地方で製造業や観光業、農業に従事してもらう。地域の消費を増やすことや人手不足の解消を見込むという。

 もともとワーキングホリデーとは、2国間の協定に基づき、若者が相互に国際交流する目的に限り、外国人の部分的な就労を認める制度。
 観光目的で入国した外国人がそのまま就労してしまうことを防ぐため、全世界的に観光ビザでの就労は固く禁止されている。一方、若者が相互に外国に滞在し、異なる文化圏の人と触れあうことは、両国の長期的な関係性を深めるきっかけになる。

 ワーキングホリデーの制度は、休暇を使って相互交流を楽しむ若者に限って部分的な就労を認め、現地で滞在費用を稼げるようにするための施策である。あくまで目的は、休暇を使って相互交流することであって就労ではない。このため同制度は一生のうち一回しか利用することができない仕組みになっている。

 こうしたワーキングホリデー本来の主旨から考えると、今回の制度に対して「趣旨を履き違えている」との指摘が出るのは当然だろう。

 国内版ワーキングホリデーの制度では、若者が休暇中に地方で働くことが大前提となっており、休暇を楽しみ、相互交流を行うという趣旨とは正反対になっている。また、国内でアルバイトするのは自由であり、そもそも、こうした制度を設ける必要がない。

 一部からは、地方で深刻化している人手不足を解消するために、若者を農業などの労働に従事させることが狙いではないかとの声も聞こえてくる。もしそうなのだとすると、状況はさらに深刻だ。

 日本には研修という名のもとに、実質的な奴隷労働になっているとして、諸外国から批判されている「外国人技能実習制度」というものがある。本来の趣旨は、新興国に対する技術移転だが、地方の人手不足の解消と低賃金労働力の確保に悪用されており、完全に本末転倒な結果となっている。

 今回の施策に人手不足解消といった背景が存在するのだとすると、地方における労働市場には、もはや市場メカニズムは残っていないことになる。市場メカニズムを放棄した産業に未来がないことは自明の理である。このようなことばかりやっていては、地方創生どころか地方の破壊につながってしまうだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

pakukune02
韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよ …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

hasimoto20130113
橋下市長が体罰で自殺した生徒遺族に謝罪。教育委員会に対する知事関与の布石か?

 大阪市立桜宮高校の男子生徒がバスケットボール部顧問の男性教諭から体罰を受け自殺 …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …