ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブンは、これまで手つかずだった沖縄に一気に300店舗を出店する。一方、ファミリーマートとサークルKサンクスを展開するユニーグループ・ホールディングスは経営統合し、9月新会社を発足させる。

conbini
 コンビニ業界は約1万8000店舗を展開するセブンがトップの座を占めており、2位のローソンと3位のファミリーマートは約1万2000店舗、4位のサークルKサンクスはおよそ6400店舗となっている。セブンのコンビニ全体の売上高に占めるシェアは35%あるため、セブンの独走体制は当面ゆらぐことはない。

 ただ、コンビニ市場は完全に飽和しており、その中で売上高を拡大するためには、企業規模を大きくして店舗の収益力を拡大するしか方法は残っていない。そこで模索されているのがM&A(合併・買収)である。

 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスは経営統合で合意しており、9月には新会社を設立する予定となっている。両社の店舗を合わせると1万8000店舗となり、トップのセブンに迫る規模となる。
 ただ、統合後は店舗ブランドをファミリーマートに統一することが決まっており、現時点では同一地域に出店しているケースも多い。また採算性の低い店舗もあり、経営統合にあたりサークルKサンクスは全店舗の約2割にあたる1000店舗を統廃合することを決定した。ただ、店舗を統廃合しても1万7000店舗の規模があることを考えると、セブンの有力な対抗馬となることは間違いないだろう。

 すでにトップを走っているセブンにとっては、他社との経営統合はあまり効率のよい戦略とはいえない。かといってこのままファミリーマートの追随を許すわけにもいかない。同社注力しているのは沖縄への大量出店である。
 沖縄はファミリーマートが約290店舗、ローソンが約190店舗を展開しており、セブンがもし300店舗を一気に開店させた場合には、沖縄のコンビニ事情は激変する。

 ただセブンの沖縄進出には課題も多い。セブンはこれまで特定地域に大量出店し、そのエリアでのシェア獲得を狙ういわゆるドミナント戦略を得意としてきた。沖縄の場合、同様の戦略が採用できるのかは何ともいえない。また弁当やパンなどを提供する事業者がすでに先行2社によって囲い込まれている可能性があり、運用の面で不利な点も多い。

 いずれにせよ、コンビニ業界は、さらなる寡占化を目指して動き始めた。場合によっては、業界にとっての最終戦争となるかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …