ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブンは、これまで手つかずだった沖縄に一気に300店舗を出店する。一方、ファミリーマートとサークルKサンクスを展開するユニーグループ・ホールディングスは経営統合し、9月新会社を発足させる。

conbini
 コンビニ業界は約1万8000店舗を展開するセブンがトップの座を占めており、2位のローソンと3位のファミリーマートは約1万2000店舗、4位のサークルKサンクスはおよそ6400店舗となっている。セブンのコンビニ全体の売上高に占めるシェアは35%あるため、セブンの独走体制は当面ゆらぐことはない。

 ただ、コンビニ市場は完全に飽和しており、その中で売上高を拡大するためには、企業規模を大きくして店舗の収益力を拡大するしか方法は残っていない。そこで模索されているのがM&A(合併・買収)である。

 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスは経営統合で合意しており、9月には新会社を設立する予定となっている。両社の店舗を合わせると1万8000店舗となり、トップのセブンに迫る規模となる。
 ただ、統合後は店舗ブランドをファミリーマートに統一することが決まっており、現時点では同一地域に出店しているケースも多い。また採算性の低い店舗もあり、経営統合にあたりサークルKサンクスは全店舗の約2割にあたる1000店舗を統廃合することを決定した。ただ、店舗を統廃合しても1万7000店舗の規模があることを考えると、セブンの有力な対抗馬となることは間違いないだろう。

 すでにトップを走っているセブンにとっては、他社との経営統合はあまり効率のよい戦略とはいえない。かといってこのままファミリーマートの追随を許すわけにもいかない。同社注力しているのは沖縄への大量出店である。
 沖縄はファミリーマートが約290店舗、ローソンが約190店舗を展開しており、セブンがもし300店舗を一気に開店させた場合には、沖縄のコンビニ事情は激変する。

 ただセブンの沖縄進出には課題も多い。セブンはこれまで特定地域に大量出店し、そのエリアでのシェア獲得を狙ういわゆるドミナント戦略を得意としてきた。沖縄の場合、同様の戦略が採用できるのかは何ともいえない。また弁当やパンなどを提供する事業者がすでに先行2社によって囲い込まれている可能性があり、運用の面で不利な点も多い。

 いずれにせよ、コンビニ業界は、さらなる寡占化を目指して動き始めた。場合によっては、業界にとっての最終戦争となるかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …