ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月26日、2016年4~6月期の運用実績を発表した。収益額は5兆2342億円の赤字、収益率はマイナス3.88%となった。株式への運用シフトを実施してからの収益はマイナス1兆962億円となり、株式運用後としては初の累積赤字に転落した。

monhiru
 資産別の収益では、国内債券がマイナス4.0%、国内株式がマイナス7.4%、外国債券がマイナス8.0%、外国株式がマイナス7.8%となった。
 この四半期で日経平均は1万6759円から1万5576円に約7.0%下落している。米ダウ平均株価は1万7685ドルから1万7930ドルと上昇したが、為替は1ドル=112.4円から102.59円と10円ほど円高が進んだ。日経平均とダウ平均株価、為替の動きがそのまま収益に反映した形だ。

 GPIFは2014年10月から本格的な株式での運用を行っている。当初は株価の上昇もあり、2015年4~6月期には運用残高が141兆1209億円に達したが、株価の下落とともに残高も減少し、2016年6月末現在では129兆7012億円となっている。2014年10月以降の累積の収益はマイナス1兆962億円となり、本格運用後としては初の赤字に転落した。

 GPIFは、今回の結果を受けて「長期的な観点から運用を行っており、短期的に市場価格が上下しても年金受給に支障を与えることはない」とのコメントを出している。確かに今回の下落で年金の受給額が変わるわけではないが、運用が赤字になったことの影響は大きい。

 日本の公的年金は受給者への支払が、現役世代からの徴収額をはるかに上回っており、毎年の収支が赤字になっている。この赤字を埋め合わせるため、安倍政権はよりリスクの高い株式投資への転換に踏み切った。
 GPIFは投資によって毎年得られた収益の一部を、赤字の埋め合わせのため年金特別会計に資金を返さなければならない。赤字運用が続いた場合には、年金特別会計に対して資産を取り崩して支払いを行う必要が出てくる。

 株価が継続的に下落するような状況になった場合、運用原資を取り崩してでも年金受給を維持すべきなのか議論が紛糾することは必至である。またGPIFはすでに日本の主要企業の大株主となっており、現金化のために株式を売却すると、日本株の下落を加速させてしまう。本当に株式を売却できるのかも大きな課題となって浮上してくるだろう。

 GPIFはすでに予定されたポートフォリオに沿ってほぼ目一杯株式を購入しており、大きな買いは期待できない。当分の間、株価と為替の動きに収益が左右される状況が続くことになるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

clintontoronkai
米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネ …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …