ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上している。廃家電には大量の貴金属が含まれていることが知られており、その豊富さから都市鉱山などと呼ばれている。こうした資源をメダルに活用することができれば、資源再利用のアピールになるとともに、東京のイメージアップにもつながる可能性がある。

sumahobunkai

 8月に行われたリオ五輪では、金・銀・銅合わせて5130個のメダルが製造されたが、2020年の東京五輪ではこれを上回る数のメダルが必要になると予想される。ここで浮上してきたのが、メダルの原料にリサイクル資源を使うというアイデアである。

  スマホや家電製品の内部には大量の電子部品が組み込まれており、その中には、金や銀、プラチナといった稀少金属が含まれている。これらの稀少金属を回収するにはコストがかかることから通常はそのまま捨てられているが、貴金属の価格次第では、回収金属が市場価値を持つ可能性がある。

 廃棄物に含まれた貴金属の絶対量は大きく、物質・材料研究機構が2008年に行った試算では、約6800トンの金や、6万トンの銀、3800万トンの銅が眠っているという。全世界の埋蔵量と比較すると、金は16.4%、銀は 22.4%、銅は8.1%に達するので、まさに都市鉱山といってよい。

 ちなみに、ロンドン五輪のメダルで使われた金属は、金が9.6キログラム、銀は1210キログラム、銅が700キログラムだった。銅は廃家電に大量に含まれていることから、すでに1000トン程度の再利用が行われている。五輪メダルに都市鉱山から得られた金属を使うというアイデアは十分に実現可能である。

 最近は国際競争力が低下しているとはいえ、日本にはまだハイテク国というイメージが残っている。東京という世界有数の大都市で開催されるという点も考慮に入れると、メダルを廃スマホから作るというプランは、日本をリサイクル国家として印象付けるよいきっかけになるだろう。

 五輪開催に際しては、おもてなしや和といった話ばかりが取り上げられるが、こうした固有文化の強調は、ややもすると一方的な押し付けになる可能性もある。資源リサイクルは世界共通の普遍的な価値観であり、五輪のような国際イベントとの親和性が高い。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、メダル製造におけるリサイクル資源の活用についてすでに検討を始めている。ぜひ実現すべき案件といえるだろう。

 - 社会, 経済 , , , ,

  関連記事

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …