ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調べを受けていたことが明らかになった。同署は書類送検する方針だという。

 性犯罪については常習性があることも多く、同氏が過去にも事情聴取を受けていたり、身柄を拘束されている可能性はある。今回もマークされていた可能性は否定できない。
 だが、この手の情報は警察リークといって、警察側が新聞記者に一方的に情報提供することでニュースが成立する。このため情報は基本的に警察が握っており、詳細がどの程度明らかになるのかもすべて警察次第だ。警察側が自分達に好都合と思えばより多くの情報を出すだろうし、そうでなければ情報は出てこない。

 大歳氏は東京大学工学部卒業、日本アイ・ビー・エム入社。SEとして頭角を現し、トップへの登竜門とされる、米本社トップ補佐をつとめたあと、日本アイ・ビー・エムの社長となった。

 IBMは女性登用を積極的に行う会社として世界中にアピールしている最中であり、米国本社のトップにも女性を起用したばかり。すでに退職しているとはいえ、日本法人の元トップが盗撮というのはかなり痛い。

 大歳氏は表面的には普通に退任したことになっている。だが退任の発表が急であったことから、業績悪化を受けた引責辞任、あるいは米本社との軋轢などがウラにあるのでは?といわれていた。
 IBMには世界的な規模の社内諜報システムがあるといわれている。米本社トップがこの件をいつ、どの程度把握していたのかが気になるところだ。

 

 - 経済, IT・科学

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

twitter02
ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …