ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調べを受けていたことが明らかになった。同署は書類送検する方針だという。

 性犯罪については常習性があることも多く、同氏が過去にも事情聴取を受けていたり、身柄を拘束されている可能性はある。今回もマークされていた可能性は否定できない。
 だが、この手の情報は警察リークといって、警察側が新聞記者に一方的に情報提供することでニュースが成立する。このため情報は基本的に警察が握っており、詳細がどの程度明らかになるのかもすべて警察次第だ。警察側が自分達に好都合と思えばより多くの情報を出すだろうし、そうでなければ情報は出てこない。

 大歳氏は東京大学工学部卒業、日本アイ・ビー・エム入社。SEとして頭角を現し、トップへの登竜門とされる、米本社トップ補佐をつとめたあと、日本アイ・ビー・エムの社長となった。

 IBMは女性登用を積極的に行う会社として世界中にアピールしている最中であり、米国本社のトップにも女性を起用したばかり。すでに退職しているとはいえ、日本法人の元トップが盗撮というのはかなり痛い。

 大歳氏は表面的には普通に退任したことになっている。だが退任の発表が急であったことから、業績悪化を受けた引責辞任、あるいは米本社との軋轢などがウラにあるのでは?といわれていた。
 IBMには世界的な規模の社内諜報システムがあるといわれている。米本社トップがこの件をいつ、どの程度把握していたのかが気になるところだ。

 

 - 経済, IT・科学

  関連記事

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …