ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調べを受けていたことが明らかになった。同署は書類送検する方針だという。

 性犯罪については常習性があることも多く、同氏が過去にも事情聴取を受けていたり、身柄を拘束されている可能性はある。今回もマークされていた可能性は否定できない。
 だが、この手の情報は警察リークといって、警察側が新聞記者に一方的に情報提供することでニュースが成立する。このため情報は基本的に警察が握っており、詳細がどの程度明らかになるのかもすべて警察次第だ。警察側が自分達に好都合と思えばより多くの情報を出すだろうし、そうでなければ情報は出てこない。

 大歳氏は東京大学工学部卒業、日本アイ・ビー・エム入社。SEとして頭角を現し、トップへの登竜門とされる、米本社トップ補佐をつとめたあと、日本アイ・ビー・エムの社長となった。

 IBMは女性登用を積極的に行う会社として世界中にアピールしている最中であり、米国本社のトップにも女性を起用したばかり。すでに退職しているとはいえ、日本法人の元トップが盗撮というのはかなり痛い。

 大歳氏は表面的には普通に退任したことになっている。だが退任の発表が急であったことから、業績悪化を受けた引責辞任、あるいは米本社との軋轢などがウラにあるのでは?といわれていた。
 IBMには世界的な規模の社内諜報システムがあるといわれている。米本社トップがこの件をいつ、どの程度把握していたのかが気になるところだ。

 

 - 経済, IT・科学

  関連記事

no image
Amazon課税包囲網が完成。だが日本の出版業界は暗い顔。その真意とは?

 米国カリフォルニア州において、インターネット小売業者(Amazonがターゲット …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …